幸せになるために、朝時間に私が心がけていること!

習慣化

毎朝、目が覚めたら、ベッドに横たわったまま身体の力を抜き、幸せの考えを心に送り込む。その日訪れる幸せを次々と思い描く。その喜びを味わう。考えることで、そうした出来事が起こるのだ。物事がうまくいかないことを考えてはいけない。それを口にすると、現実になってしまう。(ノーマン・V・ピール)


photo credit: Giuseppe Milo (www.pixael.com) Ponte degli Alpini at sunrise – Bassano del Grappa, Italy – Travel photography via photopin (license)

ノーマン・V・ピール積極的考え方の力書評を続けます。
以前の私はネガティブの塊で、嫌なことばかり考えていました。
夜眠る前、朝起きる時に悪い出来事が起こるのでは?と考えていたのです。
この思考を続けることで、自らの幸せを遠ざけていました。
今は、毎朝良いことが起こるとイメージしたり
口癖をポジティブに変えることで、悪い結果を引き寄せないようにしています。
今日を迎えられたことを感謝し、その日を気持ちよくスタートすることを習慣にしています。
神棚と仏壇の前で、自分のアファメーションを口にすることで
自分の感情をコントロールできるようになりました。

ノーマン・V・ピールは本書の中で
以下のアファメーションを紹介しています。

今日は良い日になると信じています。起こる問題すべてにうまく対処できることを信じています。身体的にも、精神的にも、感情的にも好調です。生きていることは素晴らしい。これまでにわたしが得たもの、いま得ているもの、これから得るものすべてに感謝します。すべてが破綻することはありません。神はここにいて、わたしと一緒にいて、わたしを見ていてくれます。

毎朝、幸せな結果を得られることを確信することで、自分の人生観が変わります。
ポジティブに考え、行動することでだんだんと夢が叶い始めます。
一日を通して、幸せに生きることをルールにすることで
未来が少しづつ変化するのです。

朝時間は私にとっては、大切な時間で
この時間をダメにしてしまうと一日が台無しになります。
できるだけ早く起き、朝日を浴びて、気持ちよくスタートするようにしています。
鏡の前で笑顔になって、ガッツポーズをとるとエネルギーをチャージできます。
感謝日記で昨日の振り返りをすると、誰かのために貢献したくなります。
アファメーションや瞑想で自分の気持ちにスイッチを入れることで、一日が充実します。

そのためにも気持ちよく目覚めることが欠かせません。
できるだけ早く眠るなど規則正しい生活がポイントになります。
幸せになるためには、早寝早起きを習慣にすると良いでしょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
本書の関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント