禅語の頓修頓悟(とんしゅうとんご)を意識しよう!

習慣化

不器用な人は、「自分は不器用だから、出世も期待できないし、ステキな恋人を作るのも不可能、夢を叶えるなんて、とても無理だろう」と諦めがちです。でも、本当にそうでしょうか?禅語には「漸修漸悟」(ぜんしゅうぜんご)と「頓修頓悟」(とんしゅうとんご)という2つの言葉があります。前者は、物事の理解が速く、なんでも器用にこなすが、少しずつしか進歩しないタイプの人。後者は、不器用ですが、あるとき急に進歩するタイプの人を指します。(植西聰)


photo credit: rocket2722 Fountain via photopin (license)

「漸修漸悟」(ぜんしゅうぜんご)と「頓修頓悟」(とんしゅうとんご)

禅語には「漸修漸悟」ぜんしゅうぜんご)と
頓修頓悟」(とんしゅうとんご」という2つの言葉があります。
前者は、物事の理解がとてもスピーディで
何でも器用にこなすタイプの人たちです。
彼らは理解が早いので、あまり努力をしないため
途中から伸び悩む傾向があります。
後者は、不器用で、失敗が多い人ですが
コツコツと日々努力することで、あるとき急に進歩するタイプの人です。

この言葉を読みながら、人生について考えてみました。
器用で学ぶのが上手い人は、最初に結果を残しますが
努力を怠るために成長が止まります。
一方不器用な人は、うまく物事が進まないために
なかなか自信を得ることができません。
ここで多くの人はあきらめてしまいますが
一部の人はコツコツと努力を重ねます。
途中であきらめなければ、何かしらの結果が残せるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 [ 植西聡 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/4/2時点) 

「頓修頓悟」型の人を目指そう!

禅の世界では、頓修頓悟」型の不器用なタイプのほうが
後々大きな成功を収められると考えます。
植西氏はあえてゆっくり学べと言っています。

そのため、わざわざ「あまり速く物事を習得してはいけない。じっくりと時間をかけて習得しなさい」と教えるほどなのです。器用な人というのは、覚えるのは速いのですが、同時に忘れるものまた速いものです。一方、不器用な人は、学ぶのには時間がかかりますが、一度身につけたものを、深い教養として心に蓄えることができます。覚えてしまえばそつなくこなせますし、ミスから学び、深い理解を導きます。

最初から完璧な人などいません。
不器用でも、あきらめずにしっかりと続ければ
成功すると言う禅の教えを覚えておけば
途中で投げ出すこともなくなるはずです。
もしも、あなたにやりたいことがあるのなら
失敗を重ねても、それをあきらめないことが肝心です。
頓修頓悟」型の人間を目指して
10年後のワクワクな自分を夢見て、行動を続ければよいのです。

まとめ

不器用だからと、自分の夢をあきらめるのはとてももったいないことです。
禅の気長に努力していこうと言うマインドを持って
自分の夢をじっくりと叶えていきましょう!
不器用も考え方を変えれば、長所になります。
つらくなった時には「頓修頓悟」と言う禅語を思い出しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
参考書籍 植西聰氏の「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉
植西聰氏の関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント