書評 リーダーは部下に権限を委譲せよ!

人間には、頭や手足がありますが、必ずしも頭が偉いわけではありません。頭には頭の、手足には手足の役割があり、それぞれが機能を十分に発揮することで、より良く生きていけます。組織も同じです。(出口治明)


Business photo created by yanalya – www.freepik.com

リーダーが部下に権限を委譲しなければならない理由

出口治明氏の座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」の中に、春秋戦国時代の英雄の重耳(春秋時代の晋の君主。春秋五覇のひとり)の話が紹介されています。 『貞観政要』の中で、臣下の魏徴は晋の重耳(文公)の逸話を用いながら、リーダーの役割を上司の李世民に説きます。(『貞観政要』についてはこちらのブログを参照ください。

重耳が狩りに出て獲物を追いかけているうちに、湿地帯の中で道に迷ってしまいます。すると、ひとりの漁師と出会い、重耳は道案内をお願いします。彼はその時「私はおまえの主君である。道を教えてくれれば、礼をしよう」と言い、自分が君主であることを明かします。

2人が湿地帯の外に出たあと、漁師は文公に向かって、上司の機能を「人をまとめる」「方向を示す」であると話します。「コウやクグイといった大きな鳥は、黄河や海など、広い場所に生息しています。けれど、そこにいるのが嫌になって小さな沢に移ると、どうなると思いますか?目立ってしまい、撃たれてしまうかもしれません。君主のいるべき場所は、広い場所であって、沢のような狭い場所ではないはずです。それなのに、どうしてこんなに遠くまでやってきたのですか?万一の危険があったらどうするのですか?」

漁師が伝えたかったのは、「自分の役割を忘れてはいけない」ということです。君主の機能は当たり前ですが、国をしっかりと治めることです。君主が獲物が欲しいときはプロを雇い、彼らから買えば良いのです。たとえ君主であっても、君主は領民の仕事を奪ってはいけないのです。

今、どの方向に風が吹いているか、社会がどの方向に変化しているかを見極め、その変化に適した人材に任せる。適材適所に人材を配置し、チームとしてのパフォーマンスを上げる。それが上司の機能です。

重耳は19年間諸国を放浪したのちに君主となった、苦労人として知られる人物です。苦労に苦労を重ねて、人生の酸いも甘いも知り、世事に長けていた晋の文公(重耳)ですら、権限について考えが及ばず、領民から批判されてしまったのです。

ひとたび権限を委譲したら、その権限は部下の固有のものであり、上司といえども、口を挟んではいけません。 文公の故事を引き合いに出しながら、上司にリーダーの役割を説いた魏徴は李世民から愛されます。部下の諌言を受け入れる上司・李世民は、その後唐を最強の国家に変えていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」 [ 出口 治明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/5/30時点)

楽天で購入

組織を強くするために権限の感覚を身につけよう!

上司は、部下の権限を代行できない。これが、権限を付与するときの基本的な考え方です。ひとたび権限を委譲したら、その権限は部下の固有のものであり、上司といえども、口を挟んではいけません。

唐の太宗(李世民)は重耳よりも若く、経験も浅いのですから、リーダーの心構えを持たなければなりません。これまで以上に自分の立場をわきまえなければ、国を豊かにすることはできません。部下の魏徴はそのことを太宗にわかってもらうために、重耳を例にあげたのです。

漁師が話を終えたあと重耳は、「良いことを教えてくれた」と漁師を褒め、褒美をとらせようとします。しかし、漁師はそれを断りました。今ここで褒美をいただかなくても、君主が君主としての機能を果たし、いい政府をつくり、国を豊かにしてくれれば、自分もその恩恵を受けると漁師は考えたのです。

君主が本来の機能を果たさなければ、たとえここで褒美をもらっても、結局は貧しくなってしまいます。そのことをわかってもらうために、漁師はあえて褒美を受けとらなかったのです。

強い組織をつくるには、上司も部下も、君主も人民も、与えられた役割に注力すべきです。人間にはそれぞれ、組織上、仕事上の本分があります。自分の本分でないことには手を出すべきではありません。 とくにリーダーは、「権限を与えたら、あとからり戻すことはできない」「上司といえども、部下の権限を代行することはできない」という権限の感覚を身につけることが重要です。

リーダーは、自分一人の力の限界を知り、部下を使いこなすべきです。有能な部下を見つけ、彼らに権限を委譲したら、彼らを信じることが重要です。権限の感覚を身につけることで、部下が成長し、組織が強くなるのです。

まとめ

リーダーは組織を強くするために、部下の力を引き出すべきです。ひとたび部下に権限を委譲したら、その権限は部下の固有のものであり、上司といえども、口を挟んではいけません。上司が権限の感覚を身につけることで、部下が成長し、組織が強くなるのです。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ アイデア クリエイティビティ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました