Amazonが強い!タブレット市場のシェア争い。しかし、iPad3の登場で?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「Apple’s Toughest Competition in the Fourth-Quarter Tablet Market Was
…Apple 」というマーケットレポートを
アメリカのIHS iSuppliが2月16日に発表しました。
競合他社より価格を抑えた新製品を投入したAmazonがシェア14%を獲得し、
2位に入り、Appleを猛追していることが、海外ニュースでも取り上げられていました。

まずマーケット概況ですが、2011年第4四半期(10~12月)の
タブレット端末の世界出荷台数は2711万台となり、
前期(7~9月)から194%増えたとのことです。

Apple shipped 15.4 million iPads and iPad 2s 
during the fourth quarter of 2011, 
according to the IHS iSuppli Display Materials & Systems Service 
at information and analysis provider IHS (NYSE: IHS).
But while shipments were up 39 percent from 11.1 million
in the third quarter, Apple’s share of the global media tablet market 
slipped to 57 percent in the fourth quarter, down from 64 percent 
in the third quarter, as presented in the table below.

当然、iPadのAppleが1543万台でトップなのですが
Appleの出荷台数は39%増加しましたが、シェアは64%から57%に低下しています。
この出荷台数はIHS iSuppliの事前予測を下回ったとのことです。
「10月発売のiPhone4Sに注目が集まり、iPadの伸びを抑制した」ことが
原因だとの調査レポートでは分析されています。

そして注目したいのが、 Amazonの動きです。
Amazonのシェアは発売最初の四半期で14%を獲得してなんと二桁を記録しました。
もの凄い低価格でクリスマス商戦にKindleをぶつけて話題になったAmazonですが
価格を下げた分のシェアはとれています。
逆に割を食ったのが、3位に落ちたSamusungです。
各社の台数は因みに
iPadのAppleが1543万台。
KindleのAmazon.com、389万台。
Samsung Electronics、214万台
Barnes & Noble、192万台
ASUSTeK Computer(台湾ASUS)が61万台となっています。

スマホ同様、タブレットでも各社の競争が激しくなり
現状のAppleのシェアはダウンしています。
また、Amazonや下位メーカーの熾烈な価格戦略が

マーケットシェアを激変させているのも事実です。 
With the iPad 3 likely to be announced on March 7, with upgraded screen resolution and possibly LTE 4G connectivity, 
IHS iSuppli said Apple should easily be able to reclaim its lost market 

share during the quarter.
しかし、3月7日にはiPad3のリリースが噂されています
アップグレードされた解像度やLTEへの接続などのiPadのバージョンアップで
簡単にシェアは回復するだろうと調査レポートは報告しています!
このレポートを読んでも、Appleは価格ではない新しいバリューで
勝負し続けるイノベーション企業であることがよくわかります。

Follow Me on Pinterest
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る