Facebook中国でもいよいよ解禁か?上海自由貿易区内でスタートとSouthchina Morning postが報道。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いよいよ中国でもソーシャルメディアが解禁されるというニュースを
香港のSouthchina Morning postが報じています。

EXCLUSIVE: China to lift ban on Facebook – but only within Shanghai free-trade zoneというタイトルで、FacebookやTwitterの解禁を報じています。
FacebookやTwitterや新聞のウェブサイトニューヨークタイムズなど
海外のウェブサイトへのアクセスを上海の自由貿易区内で
解禁することを決めたということです。

Beijing has made the landmark decision to lift a ban on internet access within the Shanghai Free-trade Zone to foreign websites considered politically sensitive by the Chinese government, including Facebook, Twitter and newspaper website The New York Times.
Government sources informed of the decision told the South China Morning Post on condition of anonymity that the authority in charge of the Hong Kong-like free-trade zone in Shanghai, the first such zone on the mainland, would also welcome bids from foreign telecommunications companies for licences to provide internet services within the new special economic zone.

北海道新聞などでも報道されていますがそちらも引用します。

【香港共同】香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は24日、中国政府が今月中にも上海に設置する予定の自由貿易試験区でインターネット規制を大幅に緩和し、交流サイト「フェイスブック」や短文投稿サイト「ツイッター」などへのアクセスを解禁すると報じた。複数の中国政府筋の話として伝えた。  中国政府は、人権弾圧や幹部の汚職疑惑などの情報が出回り民主化運動などにつながることを警戒、海外の交流サイトなどへのアクセスを制限している。自由貿易区で規制が緩和されれば、中国当局の厳しい言論統制に変化をもたらす動きとして注目される。

中国のソーシャルメディアといえばシナウェイボーが有名ですが
シナウェイボーや他ソーシャルメディアとのシェア争いも楽しみです。
上海貿易区内とはいえ、この解禁が中国の政治を動かせるのか?
また、Facebookが中国政府と折り合いをつけながら
どう巨大な中国マーケットを開拓するか?など
Watcherとしてはいろいろな意味で興味津々です。
また、13億人に中国人がFacebookを積極的に活用すれば
中国とのビジネス上のコミュニケーションも大きく変わるかもしれません。

さて、シナウェイボーと言えばアジアクリックのアジアクリックの高橋学さんとの
出会いもソーシャリアルの不思議なご縁から始まりました。
ITメディアのシナウェイボーの連載記事をきっかけに
一年以上前にソーシャルメディア経由で高橋さんとお会いしました。
そして、シナウェイボーやアジアのソーシャルメディアの話で意気投合し
ついには電子書籍の出版までご一緒できました。
本当にソーシャルご縁で多くのプロジェクトが生まれています。

さあ、東南アジアビジネスをはじめよう!成功のカギはソーシャルメディアの使い方にありという電子書籍を共著で書かせていただいたのですが
東南アジアのソーシャルメディア活用やスマホの最新情報をレポートしました。
東南アジアは若い世代が多いためソーシャルメディアの普及も早く
スマホマーケットも凄まじい勢いで成長しています。
東南アジアとのコミュニケーションでは
最早ソーシャルメディア&スマホは欠かせません。
その現状を事例や写真でわかりやすく解説していますので
東南アジアのビジネスにご興味ある方にご一読いただけると幸甚です。

また、今回電子書籍の発売を記念して10月10日に出版記念セミナーを開催します。
今回のFacebookの動きも含め、アジアのソーシャルメディアの動きを解説いたします。
イベントの詳細はこちらからお願いいたします


■新刊のソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣の予約
Amazonで始まりました。(いよいよ明日9月26日に発売予定です!)
こちらの応援もよろしくお願いします!

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

ソーシャルおじさんのFBページはこちらから

 
Photo Credit 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る