ノモフォビア(スマホ依存症)を断ち切り、幸せになる方法をステファン・アインホルンから学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生きていると、毎日、出会いがある。自宅、職場、学校、バス、レストラン、歩道、パーティ……。私たちは誰かと出会うたびにどうふるまうかを判断している。ものごとであろうが人であろうが、周囲とどのような関係を築くかを、日々選択しているのだ。出会いはどれもが可能性を秘めている。相手にとっても、あなた自身にとってもだ。ところが私たちは、他人との関係を機械的に維持することに忙殺されて、出会うたびに立ち止まり、相手を見ながら話を聞く時間はなかなかない。(ステファン・アインホルン)

スクリーンショット 2016-02-10 20.02.50
スウェーデンのドクターのステファン・アインホルン
「やさしさ」という技術――賢い利己主義者になるための7講の中のこのメッセージが響きます。
私たちは出会いを求めているにも関わらず、他人との関係を機械的に捉えがちです。
人との出会いは、その後の人生に大きな影響を及ぼします。
しかし、いつも忙しい私たちは、ゆっくり相手と話すことをしません。
他の何かを優先し、相手の目も見ずに、すぐに話を切り上げてしまうのです。
これは、とてももったいないことなのです。

そして、最近では、人と会っている時にも、スマホをちらちら見たり
ソーシャルメディアをチェックしてしまうのです。
本来大事にすべきリアルな人との時間を
バーチャルな仲間のために使ってしまっています。
いつも誰かとつながっていたいという欲求が
現実の時間を犠牲にしまっているのです。

このノモフォビア(スマホ依存症)を断ち切るためにも
大切な人と会っている時には、スマホを見ないようにしたいものです。
なぜ、iPhoneを使うのかを明確にして、書き出してみると
時間を上手にコントロールできるようになります。

私がiPhoneを使用する主な目的は
■kindleでの読書
■日記を書く
■ソーシャルメディアのチェック
■ニュースサイトのチェック
■メールのチェック
の5つでした。
読書と日記を書くことは、私にとっては大事な習慣なので
気にする必要はありません。
しかし、ソーシャルメディア、ニュースサイト、メールのチェックは
のべつまくなし、やる必要はありません。
大切な人に会っている時には、チェックしなくてもよいはずです。
今やるべきことにフォーカスするためには、これらの時間を減らせばよいのです。
特に、私にとっては、ソーシャルメディアに費やす時間を
うまくコントロールすることが、この数年来の課題でした。

私はiPhoneのFacebookとTwitterのアイコンを目立たぬ場所に隠し
右下のゴールデンスペースにKIndleのアプリを置くことにしました。
最初に開くアプリをKindleにして
ソーシャルメディアの時間を減らすようにしたのです。
また、人と会う時はiPhoneの画面を裏返しにして
できる限り、見ないように努力しています。
まだまだ、道半ばですが、以前に比べると
ソーシャルメディアの時間を大幅に減らせました。
逆に、本を読む時間を相当増やすことができたのです。
隙間時間はソーシャルメディアではなく
KIndleを読むを合言葉にして、自分をコントロールするようにしています。

また、ステファン・アインホルンの次の言葉を読むと
人とのコミュニケーションを積極的に行うことが
私たちにとって価値があることだとわかります。

「疲れていて人の話を聞く元気がない」と言う人がいる。だがそれはまちがいだ。私たちは他人にかまってもらえないと衰弱していく生き物である。一方で、意味ある出会いがあれば元気になれる。他者に目を向けることは、やさしさのひとつの形だ。ほんとうのやさしさは、結局は自分の得になるのだ。

人は他者にかまってもらえないと衰弱してしまうのです。
意味のある出会いは元気をもたらしてくれるのですから
初対面の人と話す時でも、たまにしか会えない人との会話でも
自分の意識をそこに集中すべきなのです。(普段の会話も当然大事ですが!!)
他者とのよいコミュニケーションが
素晴らしいご縁を生んで、未来の自分を幸せにしてくれるのです。
人生を良くするためには、人にやさしくするという黄金ルールが
本書「やさしさ」という技術を読むことで、真実であることが理解できます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
   

photo credit: I will follow you, always via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る