和田裕美氏の「和田塾 運をつくる授業」の書評

運は山と谷でできています。山の頂上の一段上にまた山があります。これが「心の階段」です。心の階段を上がっていけばいくほど運が上がるんです。(和田裕美)


photo credit: Predi Happiness at Sunrise via photopin (license)

運は山と谷でできている。

私たちの人生は山あり、谷ありで
良い時もあれば、悪い時もあります。
和田裕美氏は和田塾 運をつくる授業の中で
運が良いと感じられるのは、谷があるからだと指摘しています。
失敗したり、病気になった時に人は運が悪いと感じますが
この谷が深ければ深いほど、次のチャンスは大きくなります。
運が良い人とは、この谷からさっさと抜け出すことを考え
上昇思考で早く行動する人たちなのです。

谷の時期の過ごし方

「谷のおかげで運が上がる」と視点を変えることで、谷がつらくなくなります。
山あり、谷ありの心の階段を上ることで、だんだんと谷の時期を短くできます。
谷の時間が短くなり、山の時間が長くなれば
私たちはよりワクワクな気持ちで、行動できるようになります。
積極的に動き回ることで、ますますチャンスが引き寄せられ
運気がさらに高まっていくのです。
谷がないと運そのものの概念がなくなってしまいます。

谷があるから上りたいと思え、行動できるわけですから
その度に課題としっかりと向き合い、解決策を考えていきましょう。
谷が苦にならなくなれば、たいがいの課題を乗り越えられ
人生をワクワクなもの変えられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

運をつくる授業 [ 和田裕美 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)

運の土台は自信でできている。

運の土台は「自信」でできています。自信があると運がよくなる。自信がないと運がわるくなる。運の花を咲かせるに、まず自信を持ってください。

運が良い時は、私たちは自分に自信を持てます。
逆に、自分に自信が持てない時は、運が悪くなるのです。
運の土台は自信でできていますから、自信がないところには運は生まれません。
行動することで自信を持てるようになりますから
落ち込むのをやめて、今ここに集中しましょう!

自分に自信を持てるようになると笑顔になれたり、堂々と振る舞えます。
失敗が怖くなるなるので、次々とチャレンジできるようになります。
積極的に行動することで、運が良い人との出会をデザインできます。
自分に似たような人が引き寄せられてきますから
運が良い人が周りに集まってきて、ますます良いことが起こるのです。
また、挑戦することで、経験値が増え、自分の可能性がより大きくなり
レジリエンスを鍛えられます。

まとめ

運気を高めるためには、つらい時、谷にいる時に絶対にあきらめないことです。
自分の課題にしっかりと向き合い、チャレンジを繰り返すうちに
経験値が上がり、運が良くなっていきます。
自分に自信を持つことで、行動を変えられます。
運は上がって当たり前だと捉え、どんなつらい時でも、笑顔で行動を続けるのです。
幸せになりたいと思い、人生という山登りを楽しみましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。
和田裕美氏の関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る