日経MJの「女性真理学」が面白い。バッグはロゴより機能という時代。

9月16日掲載の日経MJの「女性真理学」が面白かったのでご紹介。
日経ウ−マン編集長の麓 幸子さんの連載記事なのですが
今回は働く女性のバッグに関する考察でした。

最近では女性のボスも珍しくなくなりましたが
数字にもそれは現れれいます。
記事によると2010年の民間企業の係長相当職の女性比率は
13.7%になっています。
そして、真剣に働き、稼ぐ女性が増えた結果
女性の携帯するバッグが、ブランド志向から
機能性追求に変化しているという麓 幸子の指摘が面白かったです。
確かに働いていていれば、
女性でもブランドよりも機能を追求したくなりますよね。

ある女性コンサルタントの一言
「ブランドバッグなんて持ちませんよ。
そんな高いものを持っていたら、
クライアントに弊社は高収入=高コストと
思われてしまいますから、
バッグはノーブランドで
いいから機能で選びます」
から今の時代を感じたりもしました。

実際、女性だけではなく、男性も含め
バッグに対する要望は、年々増加しているのではないでしょうか?
私などもこの数年で持ち運ぶものが増加して
現在は大型の3WAYのリュックを使用しています。
以前のスーツ主義の頃にはリュックは選択肢にはなりませんでしたが、
あの地震以来、両手を空けて歩けるという事を優先した結果
今はリュックを使用しています。
ビジネスマンのワーキングスタイルもスピード化が求められている中で
ノマド化するビジネスマンのバッグは
ますます中身が多くなる可能性を秘めています。
私もMacBookエアー iPad 三台のスマホ 
コネクター 充電器 ドキュメント 書籍など
持ち運びモノが増え、かつヘビーという現実。
本当にリュックで背負わなければ、無理という感じになってきました。
これに、女性には化粧品などが加わる訳ですから
働く女性からはますます、機能的でデザインが優れた実用的なバッグを
求める声が大きくなりそうです。

でも、探しても好いバッグにはなかなか巡り会えません。
バッグ業界の方、ユーザーの声を真剣に聞けば
マーケティングチャンスはまだまだありますよ!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント