FBの広告関連のニュースと「Facebook Credits」の雑感

ブログ

GMがFacebookの広告効果に疑問を投げ、Facebook広告を停止したニュースには
驚きましたが、ロイターとフランスの調査会社「イプソス」が行った調査も
それを裏付けるような内容になっています。

Jcastニュースが報じてるところによると回答者の34%が
半年前と比べてFBにアクセスする時間が短くなったそうです。
FB上に掲載されている製品やサービスの広告や宣伝コメントについては
5人中4人が「広告を見ても買ったことはない」と答えました。
(調査は5月31日~6月4日に、米国在住の1032人を対象にオンラインで実施。)

Facebookの広告に疑問符がついた形ですが、Facebookも広告効果を上げるために
クライアント向けのサービスを拡充しています。
その一つがモバイルからの決済「Facebook Credits」のリリースです。

今日6月8日のTechwaveをチェックしていたら
モバイル決済「Facebook Credits」が世界30か国でスタートというニュースが
掲載されていて、とても驚きました。

「Facebook Credits」を全世界30か国のキャリアと共にスタートしたそうです。
このいきなり感がFBらしくてたまりませんね。
これでFacebookアプリからネットショッピングやチケット購入などが
スマホなどのモバイルから決済できるようになります。

FBはモバイルからのアクセス頻度の高いソーシャルメディアですから
この「Facebook Credits」の決済には可能性を感じます。
外出先で友人のリコメンドやFacebook広告経由出見つけた商品やサービスの
決済がスムーズに行えれば、リアルタイムでの購入が可能です。
移動中や食事中などのFBとの接触時間が
ショッピングタイムに変わる可能性があるということです。
オンラインショッピング業者が知恵を絞り、面白いコンテキストを作れれば
購入までのストーリーを相当簡略化できそうです。
タイムマーケティングをうまく使えば、トラベル関連にも可能性がありそうです。

IPOでその広告効果に疑問を持たれているFBですが
この「Facebook Credits」のリリースで、次の施策が楽しみになってきました。
ドコモとKDDIにも早くこのサービスをリリースしてもらいたいですね。
Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

   

Loading Facebook Comments ...

コメント