自己管理とは、自分のやるべきことを忘れないこと。

習慣化

「自己管理」とは、自分のモチベーションを高める、セルフ・コントロールのことです。わかりやすく言うと、大切な「夢」や「目標」や「仕事をする意味」を忘れないようにすることです。(福島正伸)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-18-19-41

人間は忘れやすい生き物で、忙しく活動していると大事なことを忘れてしまいます。
自分を動かすためには、モチベーションを保たなければなりません。
そのためには、毎朝目標をしっかりと確認し、思い出す必要があります。
自分の目標を達成するための行動を習慣にしないと
重要ではないタスクをこなすだけの無意味な1日を過ごしてしまいます。
自分らしい充実した時間を過ごすためには
自分をコントロールし、やるべきことに時間を費やすのです。

福島正伸氏は真経営学読本の中で
最高の自分を目指すための10カ条を紹介しています。
自分の目標を毎朝、確認することで、あきらめない心を養えます。

1、まずは私がやる、先頭に立つ
2、ピンチはチャンス、前向きな言葉のみを使う
3、問題あるところに生きがいを見出す
4、手法は100万通り、あきらめない
5、何気なくやらない、人類のためにやる
6、人を信じ、夢を信じる
7、最大の困難に、笑顔で挑む
8、他人とは、感謝で付き合う
9、人生のすべてを楽しむ
10、最大の報酬は、感動の涙

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

真経営学読本 [ 福島正伸 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

私は特にダメ人間だと思うので。夢や目標やなりたい自分について、人に話すようにしています。話すことで、自分がやらざるを得ない環境をつくっているのです。

大切なことは、毎日を何気なく過ごさないことです。
自分のための10カ条を作り、1日をベストな状態に持っていくのです。
目標やなりたい自分を意識することで、未来と世界を変えられます。
そのために、自分の目標を忘れないような方法を考えましょう。
夢を仲間に話したり、ブログで宣言することで
私たちは後には引けなくなり、行動できるようになります。

私も毎朝、自分の夢リストをEvernoteに書き出すようにしています。
自分を元気にする言葉もメモにして、Evernoteに保存しています。
名言を見返すことで、モチベーションが高まり、行動が加速するのです。
自分のパワーを最大限に発揮するためには、過信は禁物で
やるべきことを確認することを日々の習慣にすべきなのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
福島正伸氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    
     

photo credit: Connecting People to Their Public Lands via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント