就寝前のシンプルなイメージングで幸せになる方法

習慣化

「明日いいことがある」と思うと、今、幸せになれます。真っ暗闇のとき、遠くに明かりを見つけただけで、人は幸せになれる。明かりのところまで行きつけなくても、明かりを見つけただけで人は幸せになれる。明日でもあさってでも、半年後でもいいから、幸せが起きると考えてごらん。 今すぐ幸せになれるよ。(斎藤一人)

スクリーンショット 2016-05-17 6.32.48
毎日、眠る前に1日を振り返るようにしています。
その日に出会った人との会話やミーティングを思い出しながら
自分との時間を楽しむようにしています。
新しく出会えた人、久々に再会した仲間との会話を思い出したり
体験できたことに感謝する時間を持つようにしています。
朝からの行動を思い出し、よいことだけでなく
反省すべきことがあれば、その方に感謝や謝罪の気持ちを伝えます。
寝る前のこの習慣によって、嫌なことがあっても
気持ちを平静に保てるようになりました。
また、よい1日が送れたと思うことで、熟睡できます。

斎藤一人幸せの名言集 [ 斎藤一人 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

眠る前に、明日よいことが起こると思うと幸せになれます。
翌日の予定をチェックし、会う人との会話をイメージします。
その人のことを考えながら、楽しいミーティングをイメージします。
ワクワクな時間を過ごせると思いながら、眠りにつくと不思議に良いことが起こります。

私の場合は、翌朝起きた時にも同じことを繰り返します。
これで、良いイメージが強化できます。
その時、相手の笑顔をイメージすると、より効果があります。

日々、自分の未来のイメージを高めていくと
よいことが起こりはじめ、幸せな時間を過ごせるようになります。
眠る前、朝起きた時のこのシンプルな習慣が、自分をポジティブに変えてくれます。
斎藤一人 幸せの名言集を読むと、よい言葉のパワーで幸せになれます。
自分の気持ちをハッピーにするため、私は時々読み返していました。

斎藤一人氏の関連記事

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: Alarm Clock via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント