奥田浩美氏の「ワクワクすることだけ、やればいい!」の書評

習慣化

「今日もチャンスが雨のように降っていますね」 日々、周囲を見ながら私は思います。世の中にはチャンスがあふれかえっています。私はそれを「チャンスは日々、雨のように降っている」と表現するのですが、雨の日に雨粒に当たらずには歩けないように、私達はチャンスの粒にバシャバシャ当たりながら生きています。(奥田浩美)

スクリーンショット 2017-01-22 11.27.20
photo credit: R.Mitra aka @the.photoguy (instagram) Blowin’ in the wind… via photopin(license)

ワクワクすることだけ、やればいい!の中で、著者の奥田浩美氏
幸運の女神が遠ざかる人の共通点をあいうえを使って、わかりやすく表現しています。
あ あきらめ
い 言い訳
う 後ろ向き
え 遠慮
お 思い込み
この5つが、過去の奥田氏が15歳で母になるなどのすごい体験とともに紹介されています。
大学までの奥田氏は今とは違ったネガティブ人間だったのです。
しかし、教員免許を取得した大学4年の夏のタイミングで
「あいうえを」を封印し、チャンスの女神をつかむための行動をスタートします。
父親が赴任しているインドに滞在するうちに、人生のギアが入った音を聞き
なんとインド留学決め、実行してしまうのです。
このギアが入らなければ、IT業界の女帝も誕生していなかったはずです。

44歳までの私もこの「あいうえお」に頭を支配されていましたが
断酒してから、できるだけ言い訳したり、人に遠慮することをやめました。
自分のやりたいことを決め、行動することでチャンスが舞い込んでくることを見つけたのです。
奥田氏が指摘するように「だって」や「でも」などの言い訳の裏には
本当にやりたいことが隠されています。
言い訳や遠慮が頭に浮かんだら、自分としっかり対話して
チャンスを引き寄せる準備をするべきなのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワクワクすることだけ、やればいい! [ 奥田浩美 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)

一度本気で想いを伝えれば、物事が変わっていく。

父親から猛烈にインド留学を反対されますが、夢を叔母に語ることで
援護射撃を受けることに成功します。
夢実現にはドリームキラーがつきものですが、仲間のサポートがあれば夢は実現していきます。
(参考 スーパーベターになろう!の書評をぜひご一読ください。)
自分の力だけではチャンスは手に入るものではなく
他者の気持ちを合算することで、チャンスを広げていくことができるのです。

奥田氏はムンバイ大学博士課程で2つのことを学びます。
プロフェッショナルとは人を動かす力を持つ人だということと
ソーシャルワーカーは既存の制度を変えていく先導者たるべしという考え方です。
英語もできず、現地語も喋れない彼女はソーシャルワーカーのインターンを通じて
彼女はレジリエンスを鍛えていきます。

今から30年前のインドの農村社会の壮絶な環境の中で
言葉も喋れず、主張もできない自分の無力を感じながら
奥田氏はリーダーの資質を実体験から学んでいくのです。
インドの多様性が、彼女の心をどんどん鍛えていきます。
何を見ても否定しない心、逆に自分の意志だけはしっかり確認する精神を
2年間のインド留学で身につけます。

大きな負荷がかかった後の人生というものは、非常に軽く動けるようになるのです。

奥田氏は帰国後、インドでの苦労が自分の大リーグ養成ギブスになったと気づきます。
インド留学のおかげで、日本で何をするのもつらくなくなったのです。
フットワークが軽くなり、行動を最大化することで
次々にチャンスを引き寄せていき、人生を変えることに成功するのです。
本当に面白い一冊でワクワクしながら読了できました。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

Loading Facebook Comments ...

コメント