捨てるが価値 悪い習慣はさっさと捨ててしまおう!

習慣化

毎日の人の行動の、実に40パーセント以上が、その場の決定ではなく、習慣だという。(チャールズ・デュヒッグ)

スクリーンショット 2017-02-03 13.49.43
photo credit: elviskennedy Fall into Winter – Equinox to Solstice #62 – Photosynthesis via photopin(license)

習慣の力 The Power of Habitの中で、チャールズ・デュヒッグ
日々の習慣が、私たちを動かしていると指摘しています。
もしも、悪い習慣に支配されると、人生はつまらないものになってしまいます。
悪い習慣を見つけたら、それを改善しないと大変なことになります。

最近の私は「捨てるが価値」をテーマに生きています。
自分の中の悪い習慣を捨てることで、自分をどんどん良くできると気づいてから
ダメな習慣をリストに書き出し、それを捨てるようにしています。
習慣は無意識な行動ですから、意識しない限り自分なダメな行動を見つけられません。
私はアルコール、TVやソーシャルメディアに費やす時間、小麦、砂糖など
自分をダメにしているものを捨てることで、行動を変えることができました。

悪い習慣を手放すと、心や体がスッキリします。
本当に自分がやりたいことが見つかり、ここに時間を使えます。
心が落ち着くことで、集中力が生まれ、結果が出せるようになるのです。
自分を良くすることで、朝もワクワクな気分で起きられるようになるなど
悪い習慣を捨てることで、良い習慣が身につくようになります。

10年前にアルコールという大敵を捨てられたことが、私が生まれ変わるきっかけになりました。
一つの悪い習慣を捨てることで、私は「やればできる!」と思えるようになったのです。
ダメダメな習慣を捨てることで、失っていた自信と時間を取り戻せました!
それ以来、私は自分の中の悪い習慣を定期的にリストに書き出すようにしています。

また、読書をする際も、自分の意識を変えました。
著者が良い習慣について書いていたなら、それを自分ごと化するようにしたのです。
ジョコビッチが小麦をやめたことで、アレルギー体質を改善できたと知れば
私もグルテンフリーを実践し、自分に合うかを試してみました。
この結果、私は花粉症の症状を緩和し、薬に頼らない生活を手に入れました。
鼻水や目のかゆみからも解放され、今ここに集中できるようになったのです。

一つの悪い習慣をやめると多くの「報酬」を得られます。
1、イライラがなくなった。
2、医者に行く時間と薬のコストが激減。
3、ぼーっとしなくなり、集中できるようになった。
4、マスクをしなくても大丈。
5、悪い習慣をやめられたという自信

もしも、ジョコビッチのグルテンフリーを始めなければ
相変わらず私は花粉症に苦しんでいたはずです。
読書というきっかけで、グルテンフリーを始め
それをルーチンにすることで、私はいくつもの報酬を得たのです。
これがきっかけになり、食生活に気を使うようになり
私はどんどん健康になっています。

習慣の力チャールズ・デュヒッグ
「きっかけ」→「ルーチン」→「報酬」→「きっかけ」の連鎖で
習慣は成り立っていると指摘しています。
この習慣の連鎖のルールを覚えると、自分を簡単に変えられます。
ぜひ、一度このルールを試してみてください。

サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
今日ご紹介した習慣の力についても当日お話しします。

テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
習慣の力の関連記事はこちらから
ジョコビッチの関連記事はこちらから
       

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント