傾聴力を高めるための4つの方法!

習慣化

話す技術だけでなく聞く技術を向上させることはたいへん有益だ。相手の話を聞き流すのではなく、耳を傾けて一生懸命に聞くことによって学べることはたくさんある。よりよい聞き手になることは誰でもできる。(ジェリー・ミンチントン)


photo credit: émilie.b
listen via photopin(license)

ジェリー・ミンチントンの自分の価値に気づくヒントの中に
聞く技術を高めるメソッドが紹介されていました。
コミュニケーションというと世の中的には
話す力が重視されていますが実は、傾聴力を高めることも有益です。

あのピーター・ドラッカーもコミュニケーションとは聞く力を鍛えることだと言っています。

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。(ピーター・ドラッカー)

確かに、成功している人には、傾聴力という共通点があります。
私の周りの優秀な人たちも、聞く力がずば抜けていて、相手と良好な関係を築いています。
話し上手を目指す前に、聞く力を養うことを意識しましょう。

ジェリー・ミンチントンは人と話す時に次の4つを実践すべきだといいます。
1、話している人に100パーセント注意を向ける
2、相手の言葉の要点を理解する努力をする
3、相手に最後まで話をさせる
4、意見を求められるまで話さない

自分の話を聞いてもらえないと感じると、その人との距離を感じてしまいます。
それと同じで、あなたが話を聞いていない場合、すぐに相手はすぐにそれに気づきます。
しぐさや表情から退屈な気持ちが伝わると、会話が盛り上がりません。
iPhoneをテーブルお上に置いて置くだけでも、よくないという調査結果も出ています。

あなたは自分の態度で話し手への敬意かその欠如を伝えている。相手の話に注意を向けることは、話し手への敬意の表れだ。話している人に100パーセント注意を向けることは、相手への最大の賛辞である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

相手の話に集中し、相手の話が終わるまで、口を開かないようにしましょう。
相手の話に口を挟むのは本当に良くないことですが
これはとても難しく、私のコミュニケーションの課題でもあります。

意見を求められるまで、こちらからは話さないことだとジェリーはアドバイスしています。
話を聞くこととは、実は相手への貢献なのです。
しっかりと話を聞くことで、相手はあなたに心を開いてくれます。

聞き上手になるためには時間がかかりますが、今すぐ意識を変えることはできます。
目の前の相手に注意を向けることを習慣化すれば、自分の人生に良好な変化をもたらしてくれます。
人間関係を素晴らしいものに変えるために、聞き上手を目指しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
聞く力の関連記事はこちらから
ジェリー・ミンチントンの関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント