プラス2時間の睡眠が、私たちのパフォーマンスをアップしてくれる!

習慣化

眠っている間、体は超多忙に働いて、筋肉や組織を修復し、死んだ細胞を取り換えています。アスリートにとってこの時間は決定的に重要です。トレーニングが激しいほど、たくさん眠る必要があります。(キム・ペルフエット)


photo credit: Valeri Pizhanski Vovik via photopin (license)

睡眠がすべてです。ニューヨーク市に住む私たちは、ハード働いて、ハードに遊んで、ハードに飲食して、ハードに運動しています。ぐっすり眠って元気を回復することは絶対に必要です。(スー・モルナー)

アリアナ・ハフィントンスリープ・レボリューションの書評を続けます。
良質な睡眠が私たちの体の機能を回復させてくれます。
睡眠が確保できなければ、私たちは自分のパフォーマンスを落としてしまいます。
50を過ぎた頃から、睡眠不足が私のパフォーマンスに大きく影響するようになりました。
特に、この1、2年それが顕著になり、睡眠改善が私のテーマになっています。
人生を楽しむためには、ぐっすり眠って元気を回復することが必須なのです。

スタンフォード大学睡眠障害クリニックのシェリー・マーは
睡眠と認知機能について研究しています。
睡眠不足は当然問題ですが、足りていない睡眠を補うとプラスの結果を得られます。
認知機能が高まるだけでなく、スポーツ選手の能力やパフォーマンスを
高めることがわかってきました。

アスリートが複数週にわたって睡眠時間を延長すると、累積した睡眠負債が大幅に減って、その結果、反応速度が速くなり、疲労レベルが低下し、各種運動パフォーマンスの数値も向上する。(シェリー・マー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリープ・レボリューション [ アリアナ・ハフィントン ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)

2011年にマーが発表したレポートを読むと、睡眠の重要性を理解できます。
スタンフォード大学の男子バスケットボール選手11人が
睡眠センサーを手首に装着して2週間を過ごしました。
まず初めに、学生の通常の睡眠パターン(平均睡眠時間は6時間半強だった)に加えて
ダッシュ(コート半分を往復し、続けてコート全長を往復)
フリースロー、スリーポイントショットの記録を取りました。
次に、5~7週間の間、毎晩10時間以上をベッドで過ごし
その間はなるべく長く眠るように学生に指示しました。

この「睡眠延長」によって、選手たちの平均睡眠時間は8時間半になりました。
この2時間の睡眠の増加によって、パフォーマンスは劇的に改善しました。
ダッシュのタイムは0・7秒短縮し、フリースローとスリーポイントショットの成功率は
それぞれ9%と9・2%向上したのです。
このレベルのアスリートにとって、この数字の変化は驚異的で、スポーツ界で話題になりました。
選手たちは、睡眠時間を増やしただけで、素晴らしい成果を得たのです。
また、学生たちは気分も改善したと報告しています。
当然運動だけでなく、睡眠によって、私たちの能力を高めることが可能です。
気分を明るく保ち、良い結果を残すために睡眠の質を高めましょう!

多くの日本人が6時間から7時間の睡眠で生活をしています。
私も5時間から6時間の睡眠で日々頑張っていますが
あと2時間睡眠が確保できれば、劇的にパフォーマンスを改善できそうです。

最近、私は寝室にiPhoneを持ち込むのをやめました。
ブルーライトを浴びなくなることで、眠りが深くなったようです。
また、眠る前にラベンダーの香りを楽しんでいます。
ラベンダーオイルを嗅ぐことで、気持ちを落ち着かせリラックスできます。
この2つの取り組みによって、よく眠れるようになり
プラスの睡眠時間を確保できるようになりました。
小さな取り組みを重ねながら、パフーマンスを高めたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
スリープ・レボリューションの関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント