日課と休息がクリエイティブに生きるための鍵

名言

必ず1年のうち少なくとも6週間はイングランドの外で過ごした。これほど充実した人生を送った人間は少ないと思う。そして、これらのことをなし得たのは、ひとえに早朝の効用のおかげだ。(アンソニー・トロロープ)


photo credit: crgshpprd American Creek Lodge life via photopin (license)

使える時間を正確に把握し、それを区切り、仕事を一つずつ順番に片付けるというルールを守れば、1日に驚くほど大量の仕事をこなせるだろう。だが他のことに気を取られながらしたり、大急ぎで乱暴に片付けたりしたら、ほとんど何も仕上げられないはずだ。どんなときも、「一度に一つずつ」すれば、一度に二つや三つするより、よりよい結果が出せる。このルールを守れば、他の人なら1週間かかる仕事を、1日で片付けられるだろう。(トーマス・ミッチエル)

朝早く起き、自分の日課に集中しよう!

以前の私はただただ闇雲に時間を過ごしていましたが
朝の習慣を変えたおかげで、自分の生産性を高めることができました。
朝起きた瞬間に今日やるべきことを明確にし
それを一つ一つこなしていくのです。
特に私はブログを書くことを優先しています。
朝から書くことに集中することで
気持ちよく1日をスタートできるようになりました。
朝からクリエイティブな時間を過ごすことで
自分に自信を持てるようになったのです。

創造的に仕事をする人は、早朝や夜明け前から仕事を始めると
アレックス・スジョン-キム・パン
シリコンバレー式 よい休息の中で指摘します。
創造的エネルギーがピークに達する朝時間に
やりがいのある仕事に全力を注ぐとやがて結果が出始めます。
私は書評ブログを日課にしていますが
この習慣によって、インスピレーションが湧くようになりました。
インスピレーションはただ待っているだけでは生まれず
日々の日課を作ることではじめて、自分のものにできるのです。

私が大好きなレイモンド・チャンドラーも次のように述べています。

プロの作家であれば、1日に一定の時間、少なくとも4時間は、書くことに専念すべきだ。(レイモンド・チャンドラー)

彼は書くことを日課にすることによって、多くのインスピレーションを受け
ロング・グッドバイなどのハードボイルドの不朽の名作を残せたのです。

インスピレーションをわかせるためには
自分のタスクに集中し、それを朝一からスタートすべきです。
自分のやりたいことを日課にし、続けることで
面白いアイデアが浮かぶようになるのです。

書きたい気分になっていてもいなくても、毎日決まった時間に机の前に座ることだ。(イングマール・ベルイマン)

書くことよりも机の前に座る習慣が、あなたを作家に変えてくれます。
夢を叶えたいなら、自分のやるべきタスクを明確にし
それを日課にしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリコンバレー式 よい休息 [ アレックス・スジョンーキム・パン ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

日課と休息がクリエイティブに生きるための鍵

アレックス・スジョン-キム・パン
早起きと日課によって、休息する時間を持てるようになるといいます。
創造性のためには、休息が欠かせません。
脳は休んでいる間に、情報の点と点をつなぎ、アイデアに昇華します。

仕事を早く始めれば、昼間に休息するための時間が生まれる。そうすることで人は休息する権利を得られるのだ。また休息は、仕事をしている間の早く始めれば、昼間に休息する時間が生まれ、仕事時間と休息時間をはっきり分けることができる。

ケンブリッジ大学の数学者ジョン・リトルウッド
人は「全力で仕事をするか、完全に休むべきだ」と述べています。
仕事時間と休息をはっきり分けると
両方からより多くのものを得ることができるのです。

かなり疲れている時は、働く気があっても、きちんとした仕事ができず、容易に、丸1日を無駄に過ごしてしまう。これはまったく無駄なことで、仕事は何も片付かず、しかも、休むことも、くつろぐこともできない。(ジョン・リトルウッド)

私たちは仕事と休息を区別し、メリハリをつけるべきです。
1日を自分の大切なタスクから始めれば、その日の目標を達成できるはずです。
ある程度の目処がたったら、一回休憩をはさみましょう。
ここで無理をするのは禁物です。
罪悪感を抱かずに、自分をしっかりと休ませるのです。

アレックス・スジョン-キム・パン
休息を確保するために、朝からの日課をこなすことが重要だと言います。

早朝から働き、その後でとる休息は、自ら獲得した休息なのだ。 休息が仕事に妨害されたり、多くの仕事のためにスケジュールから締め出されたりしないよう、日課を砦として自分の時間を守らなければならない。(アレックス・スジョン-キム・パン)

同じ日課を繰り返すことで、私たちはたくさんのタスクをこなせます。
仕事と休息がリンクすることで、私たちはよりクリエイティブになれるのです。

まとめ

クリエイティブな人々は、朝から自分のやることを決めています。
重要なタスクを毎日の日課にし、そのスケジュールを守ります。
午前中にタスクをこなすことで、自分にしっかりと休息を与えることができます。
この休息によって、脳の中で情報と情報がつながり
インスピレーションがわくようになります。
朝から活動し、1日の残りの時間を余裕を持って過ごすことで
彼らはクリエイティブな存在として、周りから評価されているのです。

参考図書 アレックス・スジョン-キム・パン シリコンバレー式 よい休息

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント