エミリー・ワプニックのマルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法の書評

セレクト

マルチ・ポテンシャライト さまざまなことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに探究する人。面白いことを学ぶのはそれ自体が楽しいし、そこで得た多くのスキルにさまざまな状況で助けられてきたからだ。(エミリー・ワプニック)

Designed by Waewkidja

新しい働き方のマルチ・ポテンシャライトとは?

自分が飽きっぽい性格で、さまざまなことに興味を持ち、周りから批判されたとしても気にする必要はないとエミリー・ワプニックは指摘します。世の中が複雑になり、今は過去に得たスキルを組み合わせることで、お金を稼ぐことができるようになったからです。私も広告、インバウンド、MA、IPOなど多くのビジネスを経験し、その知識と体験によって、自分の生き方を変えることができました。今はベンチャーの役員や起業家向けのコンサルタントとして働きながら、日々、いろいろなことにチャレンジし、人生をエンジョイしています。

エミリー・ワプニックは、彼女や私のような新しい働き方をする人をマルチ・ポテンシャライトと呼んでいます。天職が見つからないと言って苦しんでいる人や何をやっても長続きしない人のための彼女のTED動画は話題になり、550万回以上も再生されています。

一つのことをやり通せなくとも気にすることはありません。私たちはいくつものスキルを組み合わせることで、他者に貢献できますし、お金を稼ぐこともできます。そんな彼女のメソッドをまとめたのが、本書マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法です。

ちなみに、マルチ・ポテンシャライトは3つの言葉からの造語です。
■MULTI 多数の
■POTENTIAL 潜在的な能力
■ITE ○○と言う人
さまざまなことに関心を持ち、いろいろな仕事で活躍する人たちがマルチ・ポテンシャライトなのです。

スペシャリストは一つの分野に秀でていますが、マルチ・ポテンシャライトはいくつかの分野を融合させ、それが交わる場所で活動しています。スペシャリストとスペシャリストをつなぐマルチ・ポテンシャライトが、ビジネスが複雑になった現代には求められているのです。私も広告、マーケティング、ソーシャルメディアや起業、MAのノウハウを組み合わせることで、分野と分野の関連性について知識を得ることができました。業界と業界をつなぐことが、私のようなマルチ・ポテンシャライトの専門領域なのです。

 

マルチ・ポテンシャライトの5つのスーパーパワー

マルチポテンシャライトには、5つのスーパーパワー(強み)があるとエミリー・ワプニックは述べています。

1.アイデアを統合できる。
2.学習速度が速い。
3.適応能力が高い。
4.大極的な視点を持っている。
5.さまざまな分野をつなぐ 「通訳 」になれる。

1.アイデアを統合できる。

問題解決に携わる顔ぶれが多彩になればなるほど、問題は解決されやすくなる。人は自分の分野から遠い問題にも、自分の仕事で出会った解決策で対処するものだからだ。(カリム・ラカーニとラース・ボ ー・イェッペセン)

マルチ・ポテンシャライトが独創的な解決策を思いつきやすいのは、さまざま知識と体験を持っているからです。人とは異なる視点を持つことで、斬新なアイデアを生み出せます。マルチ・ポテンシャライトはたとえ一人でも、問題を解決できる能力を持っているのです。

2.学習速度が速い。
様々なことを学ぶことで、脳は何歳になっても成長を続けます。これを脳の可塑性と言います。時間と練習を重ねさえすれば、学ぶ能力は高まり、すばやく学べるようになるのです。過去の知識や経験が次の新しい事に役立ちますから、学ぶスピードが速くなるのです。

3.適応能力が高い。
不安定で急速に発展している現代においても、マルチ・ポテンシャライトはその適応能力のおかげで、しなやかに生きていけます。いくつもの仕事をすることで複数の収入源を持てますから、 何か問題がが起こっても対処できるのです。

4.大極的な視点を持っている。
マルチ・ポテンシャライトは、スペシャヤリストとは異なった多様な視点で物事を解決します。世の中を大局的にとらえることで、さまざまなアイデアを組み合わせて、イノベーションを起こしたり、物事を改善する方法を考えます。彼らは視野が広いので、一つの分野を深く理解しているスペシャリストが見逃しがちな、システム全体の問題を発見します。

5.さまざまな分野をつなぐ 「通訳 」になれる。

マルチ・ポテンシャライトは、天性のつなぎ手だ。人と精神的につながるのも 、人と人が互いに理解し合い、つながり合うのをサポートするのも好きだ (すでに話したように、アイデアとアイデアをつなげるのも大好きだ)。多彩な経験があるから、さまざまな分野の人とつながれるし、好奇心が強いから、聞き上手でもある。

マルチ・ポテンシャライトはタイプの違う人たちと簡単につながることができるから、いろいろな人たちの間に入って通訳し、みんながつながり合えるよう橋渡しをします。

いろいろなことに興味があり、飽きっぽいからといって、人生をあきらめないようにしましょう。私たちマルチ・ポテンシャライトには5つのスーパーパワーがあるのですから、そのパワーを信じて収入を生み出しましょう。

何かを始めるのに、遅すぎることはない。探求し、さまざまなアイデアのつながりを引き出し、大きなプロジェクトを思い描いて、ほかの人たちと協力することを自分に許せば許すほど、あなたのスーパーパワーは強くなるだろう。マルチ・ポテンシャライトはクリエイティブで、既成概念にとらわれず、すばやく学び、変動する時代や状況に適応できる。熱意にあふれ、問題に立ち向かったり仲間とつながることを好み、複数の分野にまたがるチームを指揮するのに長けている。私たちには何の課題も弱点もない、とは言わないが、持って生まれた資質を思えば、マルチ・ポテンシャライトが現状を揺り動かすことが多いのは、意外でも何でもない。

私たちが自分が夢中になることすべてから収入を生み出せるのです。マルチ・ポテンシャライトは好きなものを山ほど抱え、日々変化し続けることで、新たな収入源をつくれます。何かにチャレンジしていれば、たとえ仕事につながらなくても、プライベートを充実できるメリットがあるのです。

多様性を十分に持てば、さまざまなスキルやプロジエクトの間をほどよい頻度で行き来できる。

自分の内面に注意を払い、本当にやりたいことを見つけましょう。ひとつの仕事を一生涯続ける人生もあれば、好きなことを組み合わせて、多様な仕事をする人生もあるのです。やりたいことがいくつもあるのなら、それをあきらめずにやり続けるべきです。そこから得た知識や体験を行き来し、それらを統合することで、新しい仕事を生み出せるようになるのです。

まとめ

自分がスペシャリストになれないから、すぐに飽きてしまうからといって、あきらめる必要はありません。世の中の課題はどんどん複雑になり、スペシャリストだけでは解決できなくなっています。現代はマルチ・ポテンシャライトが活躍できる時代で、スペシャリストとスペシャリストをつなぐ人が求められているのです。スペシャリストとマルチポテンシャライトが共存することで、世の中の多様な課題を解決できます。自分のやりたいことにチャレンジし、知識と体験を重ね、学んだスキルを組み合わせるようにしましょう。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

Loading Facebook Comments ...

コメント