佐宗邦威氏の「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」の書評

「自分モード」のスイッチを切ったまま日々を過ごしていると、僕たちは「何がしたいのか」を思い出せなくなる。「君はどう思う?」と意見を求められても、そもそも「自分がどう思うのか」すら、よくわからなくなる。そういう人からは何か新しいことを発想したり、粘り強く考えたりする力が失われる。(佐宗邦威)

Business photo created by creativeart – www.freepik.com

ビジョン思考(Vision Thinking)を身に着けよう!

佐宗邦威氏の直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVENが面白いので、今日はこちらを紹介したいと思います。他人のためばかり考え、生きていると思考が窮屈になり、他人モードの人間になってしまいます。自分モードのスイッチをオンにして、何がしたいのかを明らかにして、自分の直感に基づいて生きてみましょう。多くの成功者は自分の妄想からビジネスをスタートしています。彼らはまずビジョン(妄想)を作り、それをエネルギーにして戦略を組み立てています。

「2035年までに人類を火星に移住可能にする」(イーロン・マスク)
「もしすべてのウエブサイトをダウンロードできて、そのリンク先を記録しておけたら、どうなるだろう?」(ラリー・ペイジ)
「質の高い教育を、無償で世界に提供」(サルマン・カーン)

彼らの「妄想」は、「戦略」や「市場ニーズ」に先行しています。ヘンリー・ミンツバーグが指摘する「戦略は実践のなかで創発される」を実践していたのです。いま、ビジネスの世界では、こうした「創発的戦略(Emargent Strategy)」が求められていると著者は述べています。

自分の妄想を解き放ったあとには、それを具体的な「かたち」へと落とし込み、周囲の人を納得させていくステップが不可欠だ。「直感から思考をはじめる」とは、「ただの妄想で終わる」ということではない。ビジョナリーな人たちは、途方もないビジョンを駆動力にしながらも、同時に「直感」を「論理」につなぎ、「妄想」を「戦略」に落とし込むことを忘れていないのである。

このような「ビジョン思考(Vision Thinking)」を身に着けることで、成功者は多くの人を巻き込み、事業を拡大しています。今、マーケットに強烈なインパクトを与えているのは、「根拠のない直感・思い込み」「人に理解できない感性・ビジョン」を見事に手なずけた人たちなのです。PDCAを回したり、戦略思考を取り入れても、内発的動機を高めることはできません。正解のない時代には、長期的な方向付け(ビジョン)が欠かせなくなっています。妄想を駆動力にして、自分モードの思考を取り戻しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN [ 佐宗 邦威 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

余白をデザインしよう!

ビジョン思考を身につけるためには、余白を作るとよいです。著者は以下の2つのアクションをレコメンドしています。
①いますぐ1冊のノートを買うこと
②いますぐカレンダーに、毎朝15分、ノートを書くためだけの予定を入れること

私は毎朝、2つの日記(感謝日記未来日記)を書いていますが、この15分の時間が私の脳をリフレッシュしてくれます。モーニングジャーナルの考えを取り入れたものが、私の未来日記なのですが、この時間を作ることで、私は妄想を習慣化できました。(モーニングページに関するジュリア・キャメロンの参考記事

内省の時間を持つことで、内発的動機が生まれます。本当に価値あることは絵空事からしか生まれないのです。妄想を生み出すためには、忙しい自分を解放し、内省の時間を持つことが重要です。10%のカイゼンよりも10倍にすることを考えた方がはるかに価値があります。MTP(Massive Transformative Purpose)を取り入れ、個人の創造力や内発的動機に訴えかければ、10倍の結果を得られることがわかってきました。

次の4つのステップを取り入れることで、自分思考のモードを取り戻せます。

1、妄想(Drive)→2、知覚(Input)→3、組替(Jump)→4、表現(Output)

情報を集めて、商品をリリースするまでのあいだに、マーケットのニーズが変質します。今は経営管理よりもスピードが重要です。ロンドン・ビジネススクールの経営学者ゲイリー・ハメルは、今後の企業経営陣の課題は「マネジメント・イノベーション」だと述べています。

従来の階層型組織が持っている欠点を取り除き、「個人」が自律的に戦略立案や意思決定を行う分散型組織へのシフトを、経営トップらが真剣に考えていかねばならないというのだ。これをさらに推し進めるなら、「唯一の明確なビジョンをカリスマ社長が提示し、社員たち全員がその達成を目指して尽力する」という、いわゆるトップダウン型のビジョン経営すらも、時代にはそぐわなくなってくるだろう。むしろ、経営者はごくゆるやかな不変のミッションだけを提示しておき、あとはそこに集った固人やパートナー企業が思い思いにそれぞれのビジョン(妄想)をミッションの価値観を守る範囲で実現していく、いわゆる「ティール組織」が望ましい。

不要な階層性を取り去り、個人がフラットに価値を生む「場」をつくる自律分散型の組織こそが、21世紀のビジネスの勝者となるのかもしれない。

まとめ

1、妄想(Drive)→2、知覚(Input)→3、組替(Jump)→4、表現(Output)の4つのステップで、自分モードを取り戻せ、イノベーションを起こせるようになります。妄想するためには、脳を解放するための余白の時間が欠かせません。経営者はチーム全員が妄想の力を活用するティール組織を作るべきです。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント