リチャード・カールソン

スポンサーリンク
習慣化

ストレスを減らすために必要なたったひとつのこと

「ほしいものを手に入れれば幸せになれる」という幻を追いかけるのは、もうやめにしよう。「幸せになる条件」を数え上げるほど、その条件が満たされないとわかったときに"ストレスの原因"となってはね返ってくる。仮に「幸せの条件」が揃ったとしても、...
習慣化

自分の気持ちと上手に付き合う方法

気分がいいときには、人生には幸せなことばかりあふれていると思えるのに、気分が落ち込むと、人生にはいいことなどーつもないと思う。そのとき一変したのは人生そのものではなく、あなたの「気分」と「感情」。その2つが、「人生」に対するあなたの見方を変...
習慣化

リチャード・カールソンの読むだけで自分のまわりに「いいこと」ばかり起こる法則: 快適にポジティブに生きるコツの書評

「いつか……したい」ではなく、「今、この時間」を楽しむこと。これが、「自分を変える」最大にして最高の方法だ。(リチャード・カールソン) Designed by Jcomp 今、この時間を楽しもう! リチャード・カールソンの...
習慣化

ほとんどの失敗は1年も経てば、覚えていない。

人生は失敗の連続だ。とにかくやることが多すぎて、失敗を避けてすべて完璧にこなすことなどしていられない。(リチャード・カールソン) 毎日毎日、良いことが起こるとは限りません。 逆に、人生には失敗がつきもので、完璧に暮らすことなど不可能です。 ...
習慣化

カレンダーのスケジュールを埋めつくすな!

あなたがどれほど社交的で人と会うのが好きでも、カレンダーに空白があればホッとするはずだ。空白は、あなたがなにかに追いついたり、なにもしないでぼうっとできる時間。なにも計画のない空白を残すようにすると、時間が充分にあるという穏やかな気分になれ...
習慣化

リチャード・カールソンの小さなことにくよくよしない88の方法の書評

実り多い人生にするためには、忍耐強くなることが必要だ。じつと待っていれば、必ずチャンスは訪れるし、解決策も思いつく。(リチャード・カールソン)  リチャード・カールソンが言うように 私たちは過去の体験を振り返ることで、逆境力を高められます。...
習慣化

締め切りをストレスではなく、味方にすべき理由。

誰にでも締切が必要。締切がないと気持ちが緩んでしまうから。(ウォルト・ディズニー)仕事には締め切りがないと、たいへんなことになります。 人間は基本怠けがちなので、気を緩ませないためにも締め切りが必要になります。 しかし、IT化が進展すること...
習慣化

感謝日記を続けることで、私の中に起こったこと。

いいこと/悪いこと、認められること/拒絶されること……。私たちの人生はその繰り返しだ。私自身は拒絶されるよりは認められるほうが好きだとはっきり言っておく。そのほうが気分がいいし楽だから。しかし自分が満足すればするほど、人の評価に頼らなく...
習慣化

幸せになることを延期しない方法。

悲しいことに、私たちの多くは幸せになるのを延期しようとするーそれも無限に。 「いつかきっと幸せになるはずだ」と自分に言いきかせて。請求書をすべて払い終わったら、学校を卒業したら、就職したら、昇進したらーきっと幸せがやってくる。結婚した、子供...
習慣化

落ち込んだ時に、クヨクヨせずに、すぐに復活する方法。

落ち込んだとき、私たちは気分のせいにするかわりに人生をまちがえたと感じてしまう。それまでの人生がたった数時間のあいだにがらがらと崩れてしまったような錯覚にとらわれる。だが、実際のところ、人生は落ち込んだときに感じるほどひどくはない。人生とは...
スポンサーリンク