断酒が引き寄せた!新しいプロジェクト「SOCIAL OJISAN STYLE」シリーズ創刊。

習慣化

私の人生で最も孤独だったのは、断酒した後でした。
会社や学生時代の飲み仲間とのつながりを、
断酒のために一時完全に断ったのです。
居心地のよい飲み屋とのつながりも完全になくし、立ち寄らないようにしました。
仲間と通っていた空間を一気に失うことで、私は相当行き詰まりました。
フルカラーだった景色が、モノトーンになり、しばらくはリアルな感じがしませんでした。

スクリーンショット 2015-02-10 11.28.37

飲食店や飲み仲間を避け、一人の時間を過ごす状態が数ヶ月続きました。
私は夜、暇になった時間を使ってカフェでの読書や
ソーシャルメディアでのアウトプットをスタートしました。
週末は家族と過ごす時間に生き甲斐を感じるようになり
少しづつお酒のない時間に慣れていきました。
習慣を良くすることで、少しづつ人生が楽しくなったのです。

特に、ソーシャルメディアやブログでのアウトプットによって
私の周りに面白い人や情報が集まり始めたことで、私の人生は好転したのです。
おじさんの私はソーシャルメディアでのやりとりだけでは飽き足らず
リアルのイベントに参加したり、朝活などの勉強会をスタートしました。
デジタル化し、ソーシャル化した時代だからこそ
リアルな部分を大切にしようと思ったのです。
バーチャルな時代だからこそ、実際の人を介すことで
WEBでは手に入らない情報が見つかるのです。
朝活や勉強会、コミュニティーを立ち上げていくうちに
多くの人から気づきやチャンスをもらえるようになったのです。
仲間との交流を増やせば増やすほど、良い引き寄せがくるようになり
私の「幸せ指数」は上昇し始めました。

特に、ソーシャルメディアに詳しいおじさん集団の
ソーシャルおじさんズの活動からは多くの知識をもらえました。
飲食店経営者やドクター、コンサルタントとのリアルな交流から
様々な専門知識を吸収できるようになったのです。
違う業種業界、経営者の視点を学ぶことで、視野を広げることができ
それが、自分のビジネスに良い影響を及ぼし始めたのです。

この知識や体験をメンバーだけのものにするのはもったいないと考え
今回電子書籍を通じて、皆さんにお伝えすることにしました。
SOCIAL OJISAN STYLE」というKindleのシリーズで
毎月、メンバーのノウハウを紹介していこうと考えています。
ソーシャルおじさんズのメンバーを中心に
各分野で働くスペシャリストがわかりやすく、自分の専門分野をお伝えしていきます。
大学教授のように難しく語るのではなく、普通のおじさんの視点で書き下ろますから
気軽に新しいことが吸収できるはずです。

第一弾は、起業とパーソナルブランディング(名刺のつくりかた)の2冊です。
1冊は、昨年起業した草苅徹さんの起業体験記のミドル世代のための小さな会社の創り方です。
起業の際のビジョン形成や会社設立の注意点などに加え
メンバーとの家族との付き合い方なども書かれていて、とても参考になります。
もう1冊は福田剛大さんの名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方です。
ビジネスにつながる名刺作成の方法を福田さんに解説していただきました。
本書の中で、私のパーソナル名刺を福田さんにお作りいただき
その制作過程もレポートさせていただきました。
名刺作りの詳細はこちらのブログをご覧ください。

今後も毎月「SOCIAL OJISAN STYLE」シリーズを
リリースしていきますので、応援よろしくお願いします。
今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  
photo credit: Scotti, Sica: Community management via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント