生産性を上げるための作業興奮とは何か?脳の特徴を知って、ハッピーになろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。(ウィリアム・ジェームズ)

スクリーンショット 2015-12-28 7.56.09
ウィリアム・ジェームズのこの名言が大好きです。
これに似たことを脳科学者の築山節氏が言っています。
顔の筋肉を動かす(笑う)ことで、脳をハッピーにできるのです。

人の行動と脳の働きは連動しています。ふつうは何か面白い・楽しいことがあると笑うというプロセスですが、顔の筋肉などを笑顔の形にするとその信号が脳にフィードバックされ、面白い・楽しいと感じてしまう。脳も笑ってしまうんです。(築山節)

私は、朝から快活に過ごすために、起きた瞬間に鏡の前に立ち
大きな笑顔で、自分に向かっておはようと挨拶します。
たったこれだけで、一瞬で気分がを明るくできますから
毎朝の鏡の前の儀式を習慣化しています。

築山節氏は、作業興奮を使うと、脳をアクティブにできると言います。
心理学者クレペリンが見出した作業興奮とは
具体的に動くと気分がだんだんと盛り上がり、やる気が出てくることを指します。
作業興奮には、脳の一部である「側坐核」が関与していますが
実際の行動で刺激されることで側坐核は活発になります。
これが活発になるとスイッチがオンされた状態となり、私たちは集中できるのです。

人間の脳ってヘンなもので、小さな任務でも完了させると気持ちいいと感じるんです。簡単なことでも量的にこなせるとうれしい。それが自分への精神的なご褒美になって、脳のエンジンギアが一段も二段も上がって、その後の仕事がうんとはかどる。会社に到着して、机の上を整理整頓することも、同じように作業興奮による脳のパワーアップ作用が期待できます。

簡単なことを始めることで、作業興奮を得られます。
私は毎朝の笑顔の儀式の後に、日記とブログを書くことを習慣にしています。
この毎朝の書く習慣によって、私は達成感を得ています。
記事を一本書き上げることで、私の脳のスイッチはオンになり
やる気がチャージされるのです。

私はこの後、散歩に出かけ、脳を活性化させます。
朝の脳のウォーミングアップには、散歩が最適です。
足を動かすための機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているため
歩くうちに血液が脳の高いところまで汲み上げられていくのです。
その結果、脳全体に血液がめぐりやすくなります。

毎朝の小さなタスクを習慣化することで、達成感を感じられます。
小さな任務を完了させることで、脳が満足して、次の行動を加速できます。
会社に到着する前に、脳をハッピーな状態にしておくと
間違いなく仕事がはかどります。
脳のウオーミングアップが、一日の生産性を焼かめてくれるのです。
これらを習慣化することによって、私は人生をハッピーにできることに気づけました。
このように脳の特徴を理解すると、幸せになれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Faces – sound designer via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る