日記やブログを習慣化して、周囲の情報に敏感になろう!

習慣化

日記に書くネタを探すために自然に周囲に敏感になるということです。 「今日はなんだかバタバタしてたなあ」で 1日を終える人と「これもあった。あれもあった。私の身の回りには日々いろんなことが起こっているんだ」と感じる人とでは、同じ体験をしていても次第に見える世界が違ってきます。(今村暁)

スクリーンショット 2016-03-30 11.44.12
今村暁
氏の3分間日記 成功と幸せを呼ぶ小さな習慣の中で
日記のネタを探すことで、周囲の情報に敏感になれると書かれていました。
これは、日記だけでなく、書くこと全般に言えることかもしれません。
私の場合は、ブログを書き始めてから、周囲の情報に敏感になり
記事に使えるものはないか?と積極的に探すようになりました。

特に、毎日ブログを更新するためには、日々のネタ探しが必須になります。
好奇心が旺盛になり、いろいろなことを試すようになりました。
本を読んだり、映画を鑑賞したり、旅に出たりする回数が増えます。
自分の視点で世の中を切り取るようになり
頭の中でいろいろな情報を組み合わせて、記事を書くようになれたのです。

ブログや日記を書くときには、必ず自分の行動を振り返ります。
その日の行動やインプットにフォーカスすることで
出会った人、体験したことに感謝できるようにもなります。
行動を最大化することで、人生に価値を持たせることができるのです。
1日1日を特別な日にすることで気づきを得たり
人に会うことでエネルギーをチャージできます。

また、今村氏は、日記を継続することの素晴らしさを以下のように書いています。

10日ほど日記を書き続けると、自分にも継続して何かができるという達成感を得ることができることです。何でも10日続けることができれば、それだけで自信になります。そして10日続けることができれば、その先1年でも10年でも続けられるという気になります。こうして3年も日記を書き続ければ、あなたは内面からまったく新しい自分に生まれ変わっていることでしょう。

毎日、日記やブログを更新すると自分に自信を持てるようになります。
私の場合は3ヶ月ぐらいで、ブログを書くことを習慣にできました。
書くことが定着すると、アウトプットが当たり前になり
書かないでいると気持ちが落ち着かなくなります。
半年ぐらい経過したら、ブログ経由で次々に良いことが起こり始めました。
書くことで、自分の未来を変えられることを発見したのです。

3日坊主にならないようにとにかく定着するまで、書くことを続けてみるのです。
日記もブログも書くことによって、自分との対話ができるようになり
自分の本当にやりたいことが見つかります。
また、潜在意識を活用することで、夢が次々叶うようになります。
1年もすれば、全く違う自分に変身できますから
夢を実現するために、日記やブログを習慣化してみましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Poetry in the Making via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント