「思っていることを何回も声に出していっていると叶ってしまう」という斎藤一人氏の法則を信じてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この世の中には、「思っていることを何回も声に出していっていると叶ってしまう」という法則があります。では、何回声に出せばいいのかその数は千回なのです。「千」という数字にはとても大きな意味があります。

スクリーンショット 2016-04-25 7.11.48

斎藤一人の絶対成功する千回の法則を読むと、良い言葉を発したくなります。
「幸せだな」「豊かだなあ」「ありがたいなあ」を口癖にすると
そういった状態が、実現し始めるのです。
自分が発した言葉に向かって、脳が勝手につじつまを合わせていきます。
言葉が自分の行動を良い方向に改善してくれるのです。
ですから、私たちは良い言葉を積極的に発するべきなのです。
斎藤氏は、良い言葉を1000回声に出すと
不思議なことに夢が実現するようになると書いています。
1度や2度ではなく、良い言葉を発することを日々の習慣にしてしまうのです。

これは、誰でもすぐに実践できるのです。

たとえば、引っ込み思案の人は、ただ「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」と声に出してみましょう。不思議な気がするかもしれませんが、それだけでいつのまにか積極的な人間になっているはずです。このように、いつでもどこでも毎日声に出していれば、努力などしなくても自分を変えることができるのです。

斎藤一人の絶対成功する千回の法則 [ 斎藤一人 ]

価格:723円
(2016/4/24 10:07時点)
感想(36件)

元気がないときでも、よくないことが起こったときでも
それは、次のチャンスが訪れる証拠だと考えて
「大丈夫」「幸せだなあ」と言ってみるのです。
これで、脳が幸せなことを探し始めてくれるのです。

ツキが見つかったら、すぐに行動を起こしましょう。
動かなければ、あっという間に運は逃げていきます。
言葉と行動を変えることで、自分の状態をよくできるのですから
落ち込むのをやめて、人生を楽しむようにすれば、良いことが起こります。
そのために、まずは口癖を変えて、良い言葉を習慣にしてみましょう。
まずは、「幸せだな」「豊かだなあ」「ありがたいなあ」などの
運を良くする言葉を口癖にして、1000回発してみるのです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

photo credit: Fun Group Shot Jumping via photopin(license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る