笑うこと、それはお金がかからないセラピーです。(ダグラス・ホートン)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-59
photo credit: elviskennedy Fall into Winter – Equinox to Solstice #3 – Salamander! via photopin (license)

ストレスを抱えていたり、何もかもがうまくいかないと感じたりするとき、つい忘れてしまいがちなのが笑顔。つらいときでも、笑いを楽しむことはできます。笑いにはポジティブな効果があるのです。どんな状況に直面していても、仕事や家事に追われていても、人間関係のもつれと戦っていても、大きな悲しみを背負っていても、笑うことでそれに見合う効果が得られます。(ブレット・ブルーメンソール)

ブレット・ブルーメンソール1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣書評を続けます。
本書でも笑いの効用が紹介されていました。
毎日、笑うことを習慣にすることで、私たちは人生をよりよくできるのです。

ストレスや仕事が忙しいとついつい笑顔を忘れてしまいます。
私たちはたとえつらくとも、努力さえすれば笑顔になれます。
笑顔を習慣にすることで、元気を取り戻すなどポジティブな結果を得られるのです。

ストレスをためている時や落ち込んでいる時には
笑ってなどいられないと感じるかもしれませんが
そんな考え方は今すぐゴミ箱に捨ててしまいましょう。
つらいときこそ、私たちは笑顔を心がけるべきなのです。

カンザス大学のタラ・クラフトとサラ・プレスマンの研究結果が本書に紹介されていますが
たとえ作り笑いでも、ストレスの多い仕事をしながら、笑うようにすると
ほかの被験者と比べてストレスからの回復時の心拍数が低くなることがわかっているそうです。
私たちは笑うことでストレス状態からも早く立ち直れます。

また、笑うことは気分にも大きな影響を及ぼします。
笑顔によって、エンドルフィンという神経伝達化学物質が分泌され
それが体じゅうに良い気持ちだと感じさせる信号を送ってくれるのです。
エンドルフィンには、心と身体の痛みの症状を軽くする働きがあるともいいます。
私たちは笑うことで、心と身体を快活にできるのです。

私は笑いのパワーを中村天風ウイリアム・ジェームズなど多くの著者から教えてもらい
毎朝、鏡の前で笑うようにしています。
実際、この笑うという習慣によって
嫌なことがあっても感情をコントロールできるようになりました。
朝の笑顔の習慣によって1日の気分が変わり、良いスタートを切れるのです。

しかも笑いには伝染性があるので、笑った本人だけでなく、ほかの人をも幸せにしてくれます。笑いは全身に効く自然の「薬」です。笑うことで気分も見た目も良くなり、素敵に年を重ねていくことができるのです。

笑顔になることで、気持ちがワクワクし積極的になれます。
アクションを起こすときに楽しいと思ってやったほうが
歯をくいしばるよりも、はるかに効果があります。

また、笑顔は周りに伝染するので、空気を良くできます。
笑顔の人が増えれば増えるほど、良いことが起こりやすくなります。
快活な人たちと一緒にいるだけで、自分を幸せにできるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る