VRIO分析がシンボリック・ストーリーに必要な理由をノードストーロームのタイヤ伝説から探る。

書評

VRIO分析 1.Value(経済価値)、2.Rarity(希少性)、3.Imitability(模倣困難性)、4.Organization(組織的活用)

スクリーンショット 2016-05-14 11.58.48
物語戦略
を読むとフレームワークのVRIO分析の重要性がよくわかります。
自社のストーリーマーケティングを構築・チェックするためには
このVRIO分析を活用することが効果的です。

VRIO分析を使って、自社の経営資源のプラスの部分を認識したり
不足している資源を把握すれば、企業を強くできる同時に
人々にシェアされるストーリーが作れるようになります。

Value
マーケットにおいてその物語が企業に
経済的価値をもたらすかどうかをまずは分析します。
その物語によって購買意欲が高まったり
その企業から買う価値が感じられれば、意味があります。
ストーリーが顧客の行動を変えられるかをチェックしましょう。
Rarity
次に世の中において希少性があるかを分析します。
自社のオリジナリティや希少性をチェックしましょう。
情報が大爆発している現代においては
希少性がなければ、発信する情報が埋没してしまいます。
顧客から見つけてもらうためには、この希少性が価値を持つのです。
■Imitability
そのストーリーが他社から真似されないことも重要です。
他社では模倣されないストーリーでなければ
すぐに、競合に真似され、追いつかれてしまいます。
■Organization
魅力的な物語ができても、組織体制が整っていないと意味がありません。
現場で再現されなければ、ビジネスモデルの強化につながらないのです。
このBRIOの4つのステップをすべてクリアした物語こそが
真の経営資源になるのです。

以下ノードストロームをケーススタディに紹介します。
カスタマーサービスで有名なノードストロームには
「タイヤの返品」という伝説があります。
ある男性顧客がタイヤを4本を転がしながら来店しました。
ノードストロームではタイヤを扱っていませんから
このタイヤはノードストロームの扱い商品ではありません。
それでも、男性客は店に返品と返金を要求しました。
これに対して、ノードストロームは男性の要求に快く応じたというのです。

非日常な面白い話があれば、人はそれを話したくなります。
このタイヤの返品伝説はノードストロームに
顧客を満足させる店だという価値をもたらしました。(Value
また、ノードストーロームのサービスには希少性がありますし
なかなか他社からも真似されないという強みがあります。(Rarity,Imitability)
企業のミッションを理解したノードストロームの販売員がいなければ
この伝説は生まれもしなかったですし、話題にもならなかったのです。(Organization)
VRIO分析の視点で見てもノードストロームのタイヤ伝説には価値があるのです。

実は前回のドラッカー実践会の理央さんの話が、このVRIO分析でした。
書評と前回の勉強会の話を復習しながら記事を書いてみました。

次回は私がアイデアのつくりかたについてお話しします。
5月26日19時から秋葉原にて開催します。
ドラッカー実践会の詳細はこちらをクリックください。

物語戦略の関連記事はこちらからお読みいただけます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

 

photo credit: Nordstrom Pacific Centre Vancouver via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント