鳥井信治郎の名言から読み解くサントリーの成功。その裏に小西儀助の力あり。

生産性向上

商い言うもんは、山を見つけたら誰より先に登るこっちゃ。人がでけんことをやるのが商いの大事や。(小西儀助)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-17-26-59

日本経済新聞に連載中の伊集院静氏の「琥珀の夢」が面白い。
この小説の主人公は、サントリー創業者の鳥井信治郎
彼が丁稚としてお世話になるのが、小西儀助商店の小西儀助なのです。
(ちなみに小西屋はボンドで有名なコニシ株式会社です。)
サントリー創業者のチャレンジ精神を引き出す一人が、この小西儀助なのですが
彼のビールへの探究心と商売に対する考え方が、その後の鳥井信治郎の人生に影響を与えます。

伊集院は小西に「人がでけんことをやれ」と言わせていますが
鳥井はその言葉通りに、丁稚明けの20歳の時(1899年)に独立し
洋酒販売の鳥井商店(寿屋)を立ち上げます。
鳥井は小西儀助商店で得た洋酒の知識をもとに、商品開発にチャレンジします。
1907年には赤玉ポートワインを発売し、サントリーを大会社にする礎を築くのです。
冒険者としてのチャレンジャー精神が、日本の洋酒文化を花開かせたのです。
日本人の口にあうワインを生み出すために、彼は様々な工夫をしました。
丁稚時代の小西儀助との夜なべ(研究)が、赤玉ポートワインを生み出したのです。

鳥井には数多くの名言がありますが、「やってみなはれ」が特に有名です。

人生とはとどのつまり賭けや。やってみなはれ。

一度しかない人生を楽しまないのは、時間の無駄です。
死ぬ時に後悔するよりも、自分の人生の可能性に賭けたほうがよいに決まっています。
それを鳥井は「やってみなはれ」という言葉に凝縮しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の流儀(5) [ 伊集院静 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/10/8時点)

鳥井は赤玉ポートワインを発売する時に以下のようにいったそうです。

日本人に飲んでもらうには、美しい色や適度な甘酸っぱさ、ころあいの酒精分が必要だ。本場のポートワインとは味も香りも色も違うかもしれない。しかし、この酒は世界のどこにもない日本の葡萄酒。日本のポートワインやで。

山を見つけた鳥井はここから、成功していきます。
やってみなはれ精神でワインだけでなく
ウイスキーづくりににもチャレンジし、日本初のウイスキー「白札」を発売します。
今ではウイスキーの山崎ブランドは、世界最高峰の評価を得ていますが
鳥井の情熱がなければ、この日本を代表する商品は生まれませんでした。

また、広告上手のサントリーの創業者にもかかわらず
彼は広告の力を過信していませんでした。

いくら広告しても、肝腎の商品が上等のものでなかったら、あきまへん。広告をするにも自信をもってできんし、お得意さんのほうで、あれは宣伝ばっかしやといわれたら、それでお仕舞いや。まずとび切りええもんをつくるこっちゃ。

広告に頼るのではなく、ものにこだわれという鳥井信治郎の言葉を
我々マーケターは忘れてはいけないのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    

photo credit: jeronimoooooooo Errante via photopin (license)

 

photo credit: Kouki Kuriyama TOKUCHA(特茶) via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント