感謝日記

スポンサーリンク
パーパス

感謝日記をルーティンにしよう!幸せに近づく1000のリストの書評

幸せとは問題を抱えていないことではなく、問題に対処することです。自分だけで解決できないトラブルがあれば、遠慮せずに、周りの人に支援をお願いしましょう。他者と協調することで、自分にはできないと思い込んでいたことを克服することが可能になります。困難を他者とともに克服し、お互いに感謝を伝えるときに幸せな気持ちになれるのです。
パーパス

スコット・アランのGRATITUDE 毎日を好転させる感謝の習慣の書評

感謝を習慣にすれば人生が変わります。幸せになりたければ、感謝すべきことを探し、感謝の気持ちを抱けばよいのです。感謝の心は「幸せホルモン」のドーパミンとセロトニンのレベルを上げてくれます。このふたつの神経伝達物質は、自信と意欲を高めるうえで重要な役割を果たします。
ブログ

カリスマコーチが行っている感謝と小さな承認を習慣にしよう!

感謝の気持ちを組織に広げることで、メンバーの短所ではなく、長所に意識を向けるようになります。組織のメンバーから、自分が受けている恩恵に気づくことができメンバーの力を引き出せるようになります。組織を強くしたければ、リーダーは感謝と承認を習慣にすべきです。
習慣化

幸福についての小さな書(ミカエル・ダレーン)の書評

私たちの考え方、感じ方、気分や行動に関係するすべての物事が、明らかに幸福と関係しています。幸福は長続きせず、訪れては去っていくものですが、本書のノウハウを活用することで、幸福な時間を増やせます。周りの人や自分の健康に感謝の気持ちを持つことで、私たちは幸福になれるのです。
習慣化

ジャン・ストリンガーとステーシー・ホールの顧客は追いかけるな!―48時間で顧客が集まるシンクロニシティの法則の書評

成功した企業は、自社の価値観に合致した少数のベストカスタマーとの取引を重視します。「使命と価値の明確化+顧客との強い絆の構築=顧客との強力なロイヤルティ」こそが成功の方程式だと信じ、顧客誘引プログラムを作り、それを実践しましょう。
習慣化

山田智恵氏のミーニング・ノート 1日3つ、チャンスを書くと進む道が見えてくるの書評

人生の出来事をどう意味づけるかで、行動が変わり、結果を変えられます。ミーニング・ノートに1日3つのチャンスを書き出し、その意味づけを変えることで、人生が変わり始めます。チャンスのデータベースを作り、その点と点をつなげることで、良いことが起こるようになります。
習慣化

書くことが癒しに繋がる?ジェームズ・ペネベイカーの研究を信じよう!

自分の気持ちを紙に書くとメンタルが改善する!(ジェームズ・ペネベイカー) Designed by Freepik 書くことが癒しにつながる? テキサス大学オースティン校の教授ジェームズ・ペネベイカーは夫婦の離婚の危機を書く...
習慣化

マーク・レクラウの言葉で感謝日記の効果を改めて確認する!

1日の終わりに少し時間をとって、自分がうまくできたことを振り返り、幸せな瞬間を心の中で再現しながら日記に書きとめよう。(マーク・レクラウ) photo credit: Sticky note - thank you! vi...
ブログ

AI(アプリシアティブ・インクワィァリー)を活用して、幸せになろう!

幸せな人生を送るためには、自分には幸せになる資格があると感じなくてはいけません。(タル・ベン・シャハー) photo credit: MatthiasMohrPhotographer #Nature, #sunset and...
習慣化

小さな幸せを見つけて、感謝を習慣化しよう!

毎日、自分が持っているものに感謝すれば、感謝したいことをもっと引き寄せることができる。感謝の気持ちはあなたにエネルギーを与え、自尊心を高める。それは心身の安定と直接かかわっている。感謝の気持ちは幸せにつながり、怒りや妬み、恨みに対する最高の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました