穏やかな心と身体的健康を手に入れるための8つのプログラム

怒りや不安をなくし、人に貢献できる人生を送れたら最高です。
感情を上手にコントロールできれば
しあわせ指数」をアップできるのです。
心を穏やかにして、多くの人と良い関係を築ければ
私たちは幸せを手に入れられそうです。
では、感情をコントロールするためにはどうしたらよいのでしょうか?
スクリーンショット 2015-03-08 10.22.51
多くの人は感情を良い方向にコントロールし、
心身の健康をつくり出すための方法を知らないはずです。
マイケル・マーフィーとジョージ・レオナルドはそんな人のために
精神的、感情的、身体的健康を手に入れ
維持するための練習プログラムを作成しています。
彼らの8つのプログラムを以下に引用します。

1.目的を明確にする。それは、人に備わる、肯定的な潜在能力の力を用いて、身体的あるいは精神的に成長することだ。
2.重要で前向きな変化を起こすためのアファーメーションの言葉を考え、それを毎日自分に言い聞かせる。このプログラムの参加者全員が、それぞれが独自に行うアファーメーションの他に、次のアファーメーションを行うこと。「私の全存在は安定し、活力に満ち、健康です」
3.(空手の)型、またはヨガや気功、タイ式気功などの、ストレッチや体力トレーニングを含む身体的活動を習慣にする。
4.型の後には必ず10分間の瞑想とイメージの視覚化を行う。
5.各人が、心または身体の中の、それぞれが癒したい部分を選ぶ。
6.読書や文章を書くことと、議論によって知力を磨く。
7.口にするすべての食べ物に意識を向け、とくに低脂肪で食物繊維の豊富な食べ物を摂るようにする。
8.できるかぎり、他人に心を開き、愛と奉仕の気持ちで接する。しかしまた、あなた自身の感情的な欲求も大切にすること。

まずは、自分の目的を明確にして
潜在意識の力を借りることがポイントになります。
その際に自分へのアフォメーションがポイントになります。
前向きな変化のためには、ポジティブな言葉を
毎日、潜在意識に語りかけ
自分はできると思うことがスタートラインになります。
私の全存在は安定し、活力に満ち、健康です」と自分言い聞かせることで
病気になりにくくなります。
私も「私は健康だ!」というアフォメーションを続けていますが
これで健康に過ごせるようになりました。

昨日書いた身体的な幸福度を高めるブログに近い考え方が
こちらでも紹介されています。
運動と食事に気を使うことで、身体のエネルギーが高まります。
最近、ストレッチなど体を動かすことの習慣化が
できていないのでこちらを意識したいと思います。
ナチュラルで身体に良い食事をするなど
食べるものにも気を使いたいと思います。

8つの方法をすべて実施することで、心も身体も健康になりそうですが
私が気になったのは、「読書や文章を書くことと、議論によって知力を磨く。」です。
良い思考やアイデアを読書によって、手に入れられます。
何度もそれを読み返したり、こうやってブログに書くことで
良い思考を自分の潜在意識にすり込めるのです。
やがては、記憶の貯蔵庫である潜在意識がその考え方を活用してくれます。
読書は私たちの体験をサポートしてくれたり
アイデアを考える時のヒントを与えてくれる大事な習慣なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

License: (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る