コミュニケーション力は聞く力から始まる。ただ聞くこと。それが相手の心を開く鍵なのです。(阿川佐和子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毎朝読むだけ。コミュニケーションの教科書。という電子書籍が面白かったです。
相手を思いやる心を習慣化することをコンセプトに
コミュニケーション力を鍛えることを目的にしています。
良いコミュニケーションを学んだら
それを実践、継続しようという意図で書かれています。
スクリーンショット 2015-04-23 15.58.00
コミュニケーションの要点をまとめた以下のコミュニケーションリストを
毎朝読んで、習慣化しようというのが本書の提案です。
早速、私はこのリストをEvernoteに保存しました。
■あいさつは先にする
■テクニックを使わない
■相手の立場に立つ
■先に相手の話を聞く
■自分の話す量は2割
■相手の名前を呼ぶ
■相手の目を見る
■ネガティブをポジティブに直さない
■沈黙を恐れない
■ノーははっきりと言う
■できるかぎり率直に話す
■論理でやっつけない
■相手の長所を見つける
■陰口は絶対に言わない
■約束の時間を守る
■素直に謝る
■言葉よりも心が大切

特に、挨拶を先に行う、それも名前を読んで挨拶しようというメッセージが響きました。
その際、名前まで読んで挨拶すれば、自然と相手の顔を見るようになります。
相手の目を見て、相手のことを考えていると態度で示せば、気持ちが伝わります。
名前を呼ぶことを習慣化すれば、相手に集中できるようになります。

自分を愛するように誰かを愛するということは、自分が聞いてもらいたいように誰かの話を聞き、自分が理解してもらいたいように誰かを理解することだ。(デイヴィッド・オーグズバーガー)

また、会話をするときは、まず相手の話を聞くことを心がけましょう。
人は自分の話を聞いてもらいたいものです。
このルールを理解して、自分の話はできるだけ減らすのです
実際、私も話す時間がはるかに長いので、人の話を聞くことを意識したいと思います。
自分の話は、20%ぐらいに抑えるぐらいがちょうど良いと言います。

コミュニケーション能力が高いということは、相手の話していることが、正しく理解できるということなのだ。相手の説明力がなくても適切な質問をしたり、図に描いたりして、しっかりと理解する。それこそがコミュニケーション能力が高い人だ。

自分の考えを伝えることだけを目的にしては、お互いの理解は得られません。
相手の話をしっかりと聞いて理解できれば、あなたの意見も価値が出てくるはずです。
良い反応ができれば、関係が強化できますから
相手の話を聞くことを意識して行いましょう。

この反応がよければよいほど、あなたへの評価は高まります。
相手の立場を尊重することが、コミュニケーションをよくする秘訣なのです。

人は会話術についての本をよく読む。どうしたら会話がだめになるのか、いい会話をするためにはどうすればいいのか、そしていい会話がどれほどまれであるか等々。だが、本当にまれな存在は、聞き上手な人ではないだろうか。(マルコム・フォーブス)

聞き上手な人が少ないのなら、それを目指せば、特殊な存在になれるのです。
自分の話す時間を減らして、相手の目を見て、話を聞く!
これを、まずは、習慣化してみましょう!

ただ聞くこと。それが相手の心❎を開く鍵なのです。(阿川佐和子)

  
photo credit: Ross Mayfield via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る