• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

集中できる人は、どんどん自由な時間が増える気が散る人は、どんどん自由な時間が減っていく。集中できればできるだけ、自由な時間が手に入る。(石井貴士)

スクリーンショット 2016-06-02 9.51.31
入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ
(石井貴士著)を読了しました。
石井氏の集中に関する考え方をモデリングすれば
ビジネスで結果を出せる人になれます。

自分のやりたいことをやるためには、そのための時間を確保することです。
私たちは集中することで、自分の時間をコントロールできるようになります。
目の前のことに集中することを繰り返すうちに
短時間でそのタスクをこなせるようになります。
若い時にこのルールに気づけば、いろいろなことにチャレンジできます。
結果を残したければ、まずは、集中することを習慣にすべきなのです。

人は誰しも、与えられた時間は同じです、世界一の大富豪ビル・ゲイツも使い切れないほどの資産があるウォーレン・バフェットも、与えられた時間に限って言えば、あなたと同じです。彼らは、ほかの人と同じ時間を有効に使っているだけです。

アウトソーシングできること、自分の苦手なことを
私は自分でやらないようにしています。
できること、好きなことなら、人は集中できます。
やりたいことをやっていれば、集中出来る時間を増やせます。
また、嫌なことをやらなければ、ストレスを減らせ、気持ちを楽にできます。
空いた時間を他のことにも使えるようになります。

そして、時間は私たちにとって、最も重要な資源です。
アイデア作りのための時間を確保しておかないと
未来の自分をつまらなくしてしまいます。
私は自分を変えるために、インプットとアウトプットを繰り返すようにしています。
他者の知識や体験を吸収し、アイデア作成のための投資を行います。
そのために読書を欠かさず、それを自分ゴト化するために
ブログを毎日書くようにしています。

集中できる人は、どんどん自由な時間が増える。気が散る人は、どんどん自由な時間が減っていく。集中できればできるだけ 、自由な時間が手に入る。 仕事ができるようになるということは、好きなときに集中状態に入れるようになって、一定時間あたりの回転数が上がるということなのです。

文章を書くようになってから、集中力がアップしました。
書くことを習慣にしているうちに、ゾーンに入れるようになり
私はいつの間にか書くスピードをアップできるようになっていました。
また、インプットやアウトプットは
たった5分の時間でもできることに気づきました。
この5分を大切にする習慣によって、ブログの記事の公開頻度が上がりました。

文章を書いたり、読書をする回数を増やすことで
能力が高まり、時短ができるようになります。
今では、書くとすぐに集中できるようになり
以前は2時間かかっていたブログ記事が30分程度で書けるようになりました。
回転数を上げることで、効率が4倍になったのです。
私も石井氏のように、記事の頻度を上げられるようになりました。

仕事ができるようになるということは、好きなときに集中状態に入れるようになって、一定時間あたりの回転数が上がるということなのです。

ブログや雑誌などの記事を大量に書くことで、私の認知が高まり
良いことが引き寄せられるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
石井貴士の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

 

photo credit: watching salvador alvarez’s *now!* via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る