うまく使えば、時間はいつも十分にある。(ゲーテ)

スクリーンショット 2016-09-05 12.05.23
自分で決めたことをやり切れるようになると、自信が持てるようになります。
たとえ、どんな小さなことでもよいので、毎日習慣にすることを決めましょう。
ゲーテが言うようにうまく使えば、時間を自分の味方にできるのです。 

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か…」というのも、あなたの考え方次第だ。(ウェイン・ダイアー)

ブログの執筆時間を朝時間にやると決めてから、ブログの更新が楽になりました。
私は今年から1日に3本のブログを更新すると決めました。
記事を一気に3本仕上げるのはなかなかたいへんなので
自分の集中力を考えながら、書く時間を分け、朝昼晩に割り振りました。
1本の記事を書くのに必要な時間を30分から40分と見積もり
書く時間を決め、その時間に記事を書くことにしたのです。

その結果、朝に1本、お昼に1本、夜に1本の記事を更新できるようになったのです。
ブログを書く時間をしっかりと確保するためには、時に対する意識が変わりました。
やりたいことを優先するようになり、時間を無駄使いしなくなったのです。

朝一にブログを書くと決めてから、私の行動が変わりました。
朝起きてからすぐに書き出せるように、準備を怠らなくなったのです。
隙間時間に本を読み、メモや下書きが、習慣として定着しました。
書評ブログですから、著者の言葉や思考法を抜き出し、メモにしたり
自分で実践して、効果のあったことを整理するようになりました。

ブログを3本書くためには、それなりのインプットが必要なので
絶えず、ためになりそうな本を探すようになったのです。
本屋やアマゾンを定期的にチェックすることで、私はいつも脳に刺激を与えています。
新しい本を見つけることで、知的好奇心が高まり、ワクワクできるようになりました。

本を買っただけでは、ブログは書けませんから
アウトプットを意識した読書を絶えず心がけています。
書くために本を何度も読み返したり
著者のキーワードを自分ごと化することで
記事を書くためのヒントをもらっています。

朝一にブログを更新することで、時間の過ごし方も変わりました。
夜時間や早朝に読書をしてネタを探すなど、読書時間も増えました。
自分の中で、6時台にブログを書き上げることを目標にすることで
集中力を鍛えることができました。
朝の出勤前に書き上げるためには、ぼーっとしてはいられず
目の前のMacに向かって、全力で文字をタイプするようになったのです。
短時間でブログを書き上げるために、集中しないといけません。
この朝のブログを習慣にするなかで、デッドラインを設けることが効果的だと気づけました。
朝型にシフトして数年経ちますが、朝時間を徹底活用することで
1日を素晴らしいものに変えられることを発見しました。
よし朝だ!ブログを書こうと思うことで、スタートダッシュを切れるようになったのです。
朝、ブログを書くことを習慣にしたおかげで、パフォーマンスを上げられたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Set Me Loose via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る