起業の第一歩は、誰と始めるかを決めること

習慣化

あなたのエネルギーを奪っていくような人や、あなたをなめてかかるような人にまで、やさしくしてはいけません。自分が嫌われないように 「ビクビクした波動」を出すこともありません。あなたと波長の合う人とだけ、楽しくやっていけばいいのです。(斎藤一人)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-16-05-07

PDFA習慣術の徳本昌大です。
人との関係は、本当に難しいですね。
宗教家のように誰に対してもいい人でありたいとは思いますが
現実には、なかなか難しいのではないでしょうか?

すべての人と仲良くすることが厳しいのなら
付き合う人を選べばよいと斎藤氏は言います。
自分のエネルギーを奪うような人や
あなたをバカにする人に対して、優しい顔をする必要はありません。
自然体で嫌な相手に接していれば、つけこまれなくなります。
逆に、波長の合う人とは、徹底的に優しくしましょう。
仲間と思える人を増やしていけば、やがて素敵なチームが作れます。

気の合う人とのビジネスは、あうんの呼吸が働き、スピーディーに進んでいきます。
「何をするか」より「誰とするか」を決めるのが大事だとよく言われていますが
ワクワクする仲間が見つかれば、「何を」はすぐに決まります。
自分が選んだ仲間なら、何かあっても、お互いに助け合えるはずです。
大きな会社で働くのもよいのですが、今は起業のハードルも下がったので
本当に気の合う仲間とビジネスを始めるのも、面白いと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

人とお金 [ 斎藤一人 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/8時点) 

斎藤一人氏人とお金を読んでいて
ビジネスにおいては、誰とやるかを決めることが大事なのだと再認識しました。
自分と波長の合う人と一緒にビジネスをスタートできれば
うまく行く可能性がより高まります。

一人で起業するのもよいのですが、できれば複数人でスタートしましょう。
自分一人だけでは、絶対にビジネスはできません。
ビジネスを始めると自分の能力を超えた問題が、いくつも舞い込んできます。
課題を解決するためには、必ず「誰かの助け」が必要になるのです。

自分には足りないスキルを持ったプロフェッショナルで
かつ、波長の合う仲間とビジネスをスタートするのです。
異なるスキルのメンバーが集まると、ビジネスの課題を短時間で解決できます。
一人で悩むのではなく、自分が信じた仲間と必死に考えれば
ベストな回答が見つかるはずです。
また、チーム一丸で取り組めば、パッションが周りに伝わり
新しい応援者が現れ、素晴らしい話を運んできてくれたりします。
波長の合う仲間の力が加わることで、成功の可能性が高まるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    
     

photo credit: Capital Intelligent Mtl via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント