習慣化

スポンサーリンク
習慣化

忙しい時こそ、ゆっくり生きた方が良い6つの理由。

望むものを手に入れても幸福にはなれないと知ること。誰でも自分には手に入れられないものを欲しがるものだ。望むものを手に入れさえすればすべてがうまくいくと信じている人は多い。けれども、もしそれが本当なら私たちはすでに幸福感に酔いしれているはずだ...
習慣化

幸せは自分が選ぶもの! どんなときでも、小さな奇跡は起こせる(ガブリエル・バーンスティン著)の書評

幸せは自分が選ぶもの。(ガブリエル・バーンスティン) 怒ったり、イライラした時に どんなときでも、小さな奇跡は起こせる(ガブリエル・バーンスティン著)を 読むと心が和みます。 感情が乱れ、コントロールが難しい時には 自分に向かって「幸せは...
習慣化

朝時間を変えて、ハッピーになるための7つの方法。

今日は関東地方は台風の影響で大雨ですね。 今年は残暑がなく、いきなり涼しくなり、体調管理が難しいですが こんな時こそ、朝パワーを活用して、規則正しい生活を送りたいものです。Lifehackerの今すぐできる7つのステップで精神を向上させよう...
習慣化

プラシーボ効果とノーシーボ効果 脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス著)の書評

プラシーボ効果とは、偽薬を薬だと偽って投与すると 患者の病状が回復してしまう治療効果のことを言います。 プラシーボの語源は、ラテン語の「喜ばせる(I will please)」に由来しています。 脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ...
習慣化

メンタルを簡単に鍛える方法 勝つ人のメンタル(大儀見浩介著)の書評

メンタルを強くしたいと、若い時からずっと思ってきました。 弱いメンタルを鍛えられれば、人生の可能性は広がります。私は読書を通じて、新たなことにチャレンジすることで、以前よりメンタルを強くできました。今回、「心も、筋トレと同じ。日々の練習で強...
習慣化

脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス著)の書評

人が生まれた瞬間から死ぬ瞬間まで、脳は絶えず何かに反応して変化する。(エレーヌ・フォックス) 以前の私はネガティブに物事を捉える癖があり、自分の未来を悲観していました。しかし、最近では悲観論者をやめ、楽観論者に生まれ変われました。脳科学は...
習慣化

なぜ、飲み会の二次会に出てはいけないのか?幸福の習慣(トム・ラス、ジム・ハーター著)の書評

身体的な幸福度が高い人たちは、自分の健康を効果的に管理しています。彼らは定期的な運動を欠かさず、その結果1日を気持ち良く過ごしています。頭の回転をシャープに保ち、1日中高いエネルギーレベルを維持するために、健康的な食べ物を選ぶ工夫も怠りませ...
習慣化

自分を老化させない方法。そして、新刊「人生を変えるための読書術」のご案内

自分の誕生日にも「私は生まれて初めて○歳になったのだな」と思います。すると、とても新鮮な気持ちになります。「今日はいつでも、これからの人生の最初の一日」という言葉もありますが、先の編集者が言うように、数カ月生きていれば、本一冊分くらいのお伝...
習慣化

17日間で老化は止められる!(マイケル・モレノ著)の書評

17日間で老化は止められる!(マイケル・モレノ著)を読むことで 老化を防げることがよくわかります。 わずか17日間で、老化が止められるなら、やらないわけにはいきません。 本書の老化の5つの要因と対策をチェックすることで このタスクが難し...
習慣化

読者視点に立った良い文章を書く方法。プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術(中島泰成著)の書評

漢字に威圧感があるとしたら、ひらがなには優しさがあります。見た目の強さ、でいえば漢字のほうが強いと感じられるかもしれません。ですが、言葉の持つ強さというのは伝達力です。相手の心に届く力です。ひらがなは、見た目がやわらかくて読みやすいから、伝...
スポンサーリンク