Appleストア VS ディズニーランドの来場者数の勝者は?

6月17日の
WSJにAppleストア 成功の秘訣という記事が掲載されていました。
昨日のブログに書かせていただいたように
ロン・ジョンソンをAppleストア成功の立役者として
こちらでも紹介されていました。


WSJの記事で驚いた点は
アップルとテーマエンターテインメント協会
(TEA)のまとめによると、
世界に326店舗あるアップルストアを
3カ月間に訪れる客数は、
米ウォルト・ディズニーの4大テーマパークの
昨年の入場数6000万人を超えるという。
です。


世界のディズニーもAppleストアには勝てないという事実。
数字でこういう風に説明されると驚きますね。


また記事の中でAppleストアの接客法が紹介されています。
Appleの頭文字をとったこの方法
リテイル関係や営業の方には参考になると思います。

“Approach customers with a personalized warm welcome, (1人1人の顧客を温かく迎える)”
 “Probe politely to understand all the customer’s needs,(顧客の全ニーズを丁寧に聞き出す)
” “Present a solution for the customer to take home today,(その日に使える解決策を提示する)”
 “Listen for and resolve any issues or concerns,(顧客が抱える問題や懸念に耳を傾け、解決する)
” and “End with a fond farewell and an invitation to return.(感謝とまた来店してもらいたいという気持ちを込めて見送る)”
という5点です。
ソーシャルおじさんもこのAppleの法則を
早速取り入れてみようと思いました。  

ソーシャルおじさんのフェイスブックページはこちらをクリック!  


Loading Facebook Comments ...

コメント