時間を変えるために私が実践している4つのルール。人生の短さについて(セネカ)の書評

人間はそれを湯水のごとく浪費した挙句、土壇場になってようやく気づくのです。いつのまにか人生は過ぎ去ってしまった、と。(セネカ)

スクリーンショット 2015-06-23 8.37.59
若い時に読んだセネカの言葉が最近気になっていて
Kindleで人生の短さについてを購入しました。
セネカはローマ帝国の政治家、哲学者で
第5代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師としても知られています。
セネカには、人生に関する名言も多く、このブログでもなんどか紹介しています。

人生は急ぎ足で去っていく」とセネカは言いますが
多くの場合、この事実に気づくのは、人生の土壇場になってからなのです。
私は30代、40代前半とい人生で一番貴重な時間を
アルコールと共に過ごし、人生を無駄にしてきました。
体調が悪くなり、9年前に断酒を決めてから
私は時間の使い方を変えました。
過去の失った時間を取り戻すことにしたのです。
この期間に飲んでいた時間を見積もったのですが
少なくとも3年近くの時間を浪費していました。
この時間を取り戻すために、私は今では時間を大切な資産と捉え
日々、このブログを書くことで、自分を律しているのです。

我々に与えられた時間は、決して少ない訳ではない。ただ、活用していない時間が多いだけなのだ。

断酒した際に、自分の時間を書き出してみました。
TVを見たり、惰眠を貪ったり、隙間時間を無為に過ごしたり
多くの時間が活用されていなかったのです。

今では時間をコントロールするために、以下のことを意識しています。
■時間があれば、自分を成長させるための読書をする。
■インプットしたものをブログでアウトプットする。
■人生を伸ばすために、健康に気をつける。
■ルーチンに流されず、新しいことにチャレンジする。
この4つのルールを意識することで、時間の過ごし方が劇的に変わりました。
まだまだ、完璧ではありませんが
自分の時間変えることで、人生は以前にくらべはるかに楽しくなりました。

誓って言いますが、真に偉大な者だけが、すなわち、人間にありがちな弱点を克服したすぐれた者だけが、人生の持ち時間を何ものにも奪われずにすむのです。自分の時間をもっぱら自己のためだけに捧げてこそ、人生はきわめて長くなる。その人は、一分一秒たりとも無駄にせず、無為に過ごさず、他人に支配されない。時間は何よりも貴重なものと知っているから、真剣に時間を倹約する。それゆえ、その人にとって時間は十分に長いのです。ところが、他人に人生の大半を奪われている人間は、結局、人生をほとんど見ずに終わります。お察しのとおり、そういう人たちは、ときに、自分が人生をなくしていることにすら気づきません。あなたには聞こえるでしょう。

セネカの言葉を読むことで、私たちは時間をコントロールできるようになります。
定期的に本書を読み返して、自分を励ましたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る