稼ぐ能力をアメリカの学生並みに鍛えないとヤバイかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今、あなたの会社の中だけを見ていると、本当に狭い範囲なのに、それが世界のすべてだと思い込んでしまう。ところが、そんなことは決してないのです。世の中には 「とんでもないやつ」がいっぱいいます。世界中にとんでもない人間がいっぱいいて、とんでもない人間同士はお互い同じリズムを聞いているので、友達になるのです。そして、お互いが刺激し合って、次の時代の担い手となっていきます。(中谷彰宏)

スクリーンショット 2015-11-22 14.17.19
独立するためにしなければならない50のこと
中谷彰宏著)を読むと
自分(日本人ビジネスマン)の甘さに気づけます。
エジソンやスピルバークも、実は経営者マインドを持ったビジネスマンなのだと
中谷彰宏氏は、本書で力説しています。

エジソンは発明家として、あまりに有名ですが
数々の特許訴訟を起こして、しっかりと稼いでいたのです。
彼は強力な法律顧問団の力を使って、撮影機とフィルムの特許を強引に認めさせたのです。
その結果、映画館、映画製作者などが、エジソンに特許使用料を支払うことになりました。
エジソンは数々の特許を使って、事業を大きくしていったのです。
偉大な発明家としてだけでなく、彼は事業化としてアメリカでは認知されているのです。

また、映画監督のスピルバーグは、高校生の時に自分で作ったアマチュア映画を
劇場用の映画館で上映することに成功します。
これにより、次の作品の原資を生み出し、プロになっていくのです。
ただの高校生が劇場上映のために企画を作成し
映画館の経営者を巻き込み、お金を稼いでいくのです。
そして、大学生になるとユニバーサルスタジオの見学コースに
幹部のふりをしてに入り込み 3ヶ月間通い続けるのです。
空いているデスクに勝手に座り、ついにはデビューのチャンスをつかむのです。
この勇気があったからこそ、スピルバーグは一流の監督に登りつめられたのです。
クリエイターの才能にプラスして、図々しさがあったから、彼は成功できたのです。

大きなことを夢見よう!決して途中であきらめてはいけない。否定的な考えで自分をダメにしてはならない。今日だけを生きるのではなく、明日に期待しよう。あなたを成功へと駆り立てるような習慣を育てるのだ。(スティーヴン・スピルバーグ)

スピルバーグだけでなく、多くのアメリカ人は
まずは、お金を稼ぐという視点で、ビジネスを考えていきます。
これは普通の大学生でも同じだと中谷氏は言います。
デザイナーの学生はマーケティングを担当する学生と2人一組でチームを作り
自分でデザインしたTシャツを売りながら、ビジネスの基本を学んでいきます。
アメリカで5年間暮らした友人から、これに似た話を聞いたばかりだったので
日米のビジネスに対するマインドの違いを余計に感じた次第です。

自分の夢の実現のためには、しっかりと稼ぐことが
アメリカ人の基本になっているようです。
まずは、小さくてもよいので稼いで、次の投資につなげることが
スタートアップには大事だと実感しました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Lan Airline – Boeing 787 Dreamliner via photopin (license)

photo credit: IKBLC Group Study31 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る