• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

恐怖を治し、自信を得るためには、次の二段階の手順をとるのである。①まず、恐怖を隔離する。それ以上恐怖を広げず、何を恐れているのかをはっきりさせることである。②それから行動を起こすこと。どんな恐怖にも、それに対する適当な行動がある。ただちに行動すること。ぐずぐずしているのは、恐怖を拡大し、誇張するだけだということを、よく覚えておくことだ。(ダビッド・J・シュワルツ)

スクリーンショット 2016-02-07 16.29.42
ダビッド・J.シュワルツ大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性があるの中の
恐怖心の撃退法が、とても勉強になります。
恐怖を感じたら、その対処法を考え
それを見つけたら、ただただ行動すれば、恐怖心を失くせます。
顧客を失うという恐怖を感じているなら、今の倍働いて良い提案をしたり
試験に落ちそうだと思っているなら、悩むのをやめて、今すぐ勉強すればよいのです。

今すぐ心配するのををやめて、行動することで人生は楽しくなります。
また、記憶銀行の使い方を変えることで、恐怖心を撃退できます。

誰でもいろいろ不愉快なことや困ったことに出会うし、がっかりさせられるような情況に陥ったりする。けれども、成功する人としない人とでは、これらの情況に対する処理の仕方がまったくちがうのだ。成功できない人は、不愉快な出来事を心にしまっておく。そして、しまったまま心から解き放つことができないのだ。こうしていつも記憶には悪いスタートをきらせてしまうのである。それに対して、自信に満ち、成功するような人はそんなことはしない。彼らは、記憶銀行に積極的な考えを預金するのが得意なのだ。 思い出すのを拒否しさえすれば、不愉快なことを忘れ去るのは意外と簡単なことだ。あなたの記憶銀行から、積極的な考えだけを引き出し、そのほかのものは消してしまいなさい。そうすれば、あなたの自信は急角度で上昇するだろう。消極的で自虐的な思い出を拒否するならば、あなたは恐怖にうち勝つ大きな一歩を踏み出したことになるのだ。

いつもハッピーなことを思い出せるように、記憶銀行には良い思い出を預金するのです。
ポジティブな考えを脳に貯めて、それだけを引き出すようにするのです。
ネガティブな貯金をやめて、ポジティブな貯金を心がけましょう!

また、ダビッド・J・シュワルツは、自信をつけるために私たちができる5つの方法
本書で紹介していますが、どれも日常でできるシンプルなものですから、早速取り入れましょう!
■前に座るように心がけること。
■じっと目を見つめる習慣をつけること。
■25パーセント速く歩くこと。
■すすんで話すこと。
■大きくほほえむこと。
前の席に座ったり、早歩きや微笑むことを習慣化することで
私たちはきもちをポジティブに変えられます。
何気ない行動を習慣化することで、私たちは自信を持てるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る