心の庭にポジティブな種を植えよう!アレクサンダー・ロックハートの名言からインスパイアされたこと。

習慣化

心を庭にたとえるならば、心の姿勢は種だ。種の種類によって、異なる実が成る。ネガティブな種を植えれば、ネガティブな結果を得ることになる。ネガティブな姿勢はポジティブな姿勢と置き換えることによって心の外に追い出すことができる。(アレクサンダー・ロックハート)

スクリーンショット 2016-07-15 7.49.32
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
今日はアレクサンダー・ロックハート自分を磨く方法についての書評です。
ネガティブな姿勢は、心身の健康問題とともにストレスの増大につながります。
ネガティブな姿勢の原因のほとんどは、ネガティブな考え方をする周囲の人びとにあるのです。
朱に交われば赤くなる、ネガティブな気持ちは伝染します。
悪口好きの人、先延ばし癖のある人、チャレンジしない人と過ごす時間は
できるだけ少なくするようにしましょう。

意識を変えることで、自分の姿勢をコントロールできるようになります。
周りの人たちのネガティブな姿勢に影響されるかどうかは、あくまでも自分しだいなのです。
ネガティブな姿勢によって、成功と幸せが遠ざかってしまいます。
これは、とてももったいないことです。

困難を受け入れることは大事です。
辛いことをスルーしていると、自分を成長させられません。
しかし、姿勢はネガティブにしていてはいけません。
ネガティブな姿勢を持ち続けると
問題に対する建設的な解決策を見つけることができなくなるのです。

逆に、困難にぶつかったら、それをチャンスだと思いましょう。
ホレス・ウォルポールセレンディピティの法則で書きましたが
ありがたくない出来事があるから、セレンディピティが起こるのです。

セレンディピティが起こるポイントは3つある。1つは、ありがたくない出来事が起こる、ということ。2つめには、気転や知恵を持ってそれに向き合うこと。そして3つめとして、それを思いがけない幸運やギフトに変えるということ。(ホレス・ウォルポール)

問題が見つかったら、そこから逃げるのではなく
知恵を絞って考え、問題に向き合うことで、新たな解決策が見つかります。
問題をスルーするのはよくないです。
ネガティブな姿勢は人生観を暗くし、目標の達成を妨げるだけなのです。
心の中にネガティブな姿勢が見つかったら、まずは、それを取りきましょう!

次に、ポジティブな姿勢を種として、それを心の庭に植えるのです。
自分の心の庭にポジティブな種を植え、耕すことを習慣にしましょう。
一度困難を克服すると、ワクワクな気持ちを味わえます。
自分の感情を味方にすると、新たなチャレンジを習慣化できます。 
自分のFeelを大事にして、ポジティブに生きていきましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
アレクサンダー・ロックハートの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     

    

photo credit: 20060731 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント