抜群に評価される人の教科書(横山信治著)の書評

習慣化

与えるとは自分の自己重要感を高める行為です。求めるはその逆です。魅力的な人間になるためには、相手の自己重要感を高めよう。(横山信治)

スクリーンショット 2015-08-03 9.13.15

私の大好きな横山信治さんの新刊抜群に評価される人の教科書が、リリースされたので
早速、購入し、読ませていただきました。
今回も自分を成長させるための素晴らしい言葉に、いくつも出会えました。
横山さんが、隣に座って私に語りかけてくれているようなわかりやすさで
一気に読了しました。

早速、本書から引用します。

評価される人というのは、言葉を置き換えれば”魅力的な人”のことを指します。魅力的な人になれば、最高の人脈と、最高の情報が手に入ります。現代社会において、人脈と情報があれば、あなたの望みは自動的に叶います。では、魅力的な人間になるには、どうすればいいのでしょうか。これを見事に一言で表しているのが、私が尊敬する無能唱元先生の言葉、「魅は与によって生じ、求によって滅する」この一言に尽きると思います。与えるものは好かれ、求めるものは嫌われる、これが原理原則です。 という意味です。

今回のテーマは、魅力的な人になるための自己重要感のつくりかたです。
魅力的な人になるためには、相手のために行動することがポイントになります。
すべての人は、自分のことを高く評価されたいのです。(=自己重要感を高めたいのです。)
横山さんは、自己重要感が成功の大原則
これで成功もお金もこれで手に入ると書いています。

人間の本質を理解できれば、誰もが「成功」も「お金」も「友達」も「恋人」も簡単に手に入ります。最初に大原則をお話しします。「すべての人間は自分のことを高く評価して欲しいと熱望している」この言葉を理解し実践すれば、あなたは確実に「評価される人」になります。私はこの手法で、成功、友達、富、恋人を手に入れた人をたくさん知っています。

では、どうすれな、相手の自己重要感を高められるのでしょうか?

横山さんは、相手の変化を待つのではなく
自分から、積極的に良いコミュニケーションをすべきだと言います。
苦手な人には、笑顔で挨拶をすれば、相手の自己重要感を高められます。

そのためには、自分から挨拶をこころがけると良いでしょう。
挨拶は、相手にポジティブな感情を与えますし、自分自身の気持ちも変えられます。
また、ユーモアを使って、相手を笑わせることも効果があります。
自分の失敗談や叱られた話を面白おかしく話せると
相手の自己重要感を高められのです。
このように、自己重要感を高めるためには、「笑顔」が基本となるのです。

また、笑顔を自分を向けることによって、自分の自己重要感まで高められます。
自分をハッピーにできなければ、相手を喜ばせることはできません。
毎朝、笑顔のトレーニングを行えば
自分の感情をポジティブにコントロールできるようになります。
横山さんを含め、多くの成功者が鏡の前で笑顔の練習を日課にしています。
私もこれをモデリングして
起きたら、すぐに鏡の前で笑顔の練習をしています。
スクリーンショット 2015-08-03 12.04.25

最近は「」というアメリカンショートヘアの猫を飼い始めました。
この「福」のおかげで、私の家の雰囲気が一変しました。
この「福」と毎朝コミュニケーションすることで、自然に笑えるようになったのです。
私だけでなく家族も「福」のおかげで笑うようになり、家族との関係も改善できました。
まさに、「笑う門には福来り」の言葉通りになったのです。

笑うことで、周りをハッピーにできることを、我が家の「」から教われたのです。 
笑顔には、お金は必要ありません。
自分からニコッと笑うだけでよいのです。

笑顔は1ドルの元手もいらないが、100万ドルの価値を生み出す。(デール・カーネギー)

笑顔、人の喜ぶこと、自分の価値を提供する、相手を認めること
自己重要感をつくりだす基本になります。

また、貢献する際には、自分を主語にするのではなく
相手を主語にして自分に何ができるかを考えるとよいという
本書のアドバイスが、とても刺さりました。
「相手のために、自分が何ができるか?」を自問すれば
相手の自己重要感をたかめられます。

人が喜べば、回り回って、自分をハッピーにできるのですから
まずは、人に喜んでもらえるように行動しましょう。
自己重要感を高める方法は、人が喜ぶことを自分から実践することなのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

 

 

 

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント