結果が出るかどうかを心配することはない。やると決めたら、結果が出るまでやるだけなのだから。(福島正伸)

スクリーンショット 2015-08-10 7.07.57

週のはじめの月曜日のスタートのタイミングに、この言葉を読めて、元気になれました。
いつ結果が出るかは誰にもわかりません。
ですから、諦めずに続けることが重要なのです。

私は子供の頃から、飽きっぽい性格で、コツコツが苦手でした。
いつも途中でやめてしまうことが多く、結果が出せずにいました。
大人になっても、それは変わらず、悩んだ時期もありました。

しかし、習慣の力が大事だと9年前に断酒をした時に気づきました。
アルコール依存症を治すために、私はお酒を遠ざけることにしました。
今日飲まないことを繰り返すことで、飲まない日を伸ばしていきました。

成功者は、失敗者がやりたがらない行動を習慣化している。(アルバート・グレイ)

お酒を飲むことは、とても楽しいことだったのですが
嫌なことがたくさん起こります(度を越すと、弊害だらけです)。
飲み過ぎれば、日々の生活に影響を及ぼし、人からの信頼を失います。
また、体調も不調になるなど、よいことはほとんどありません。
悪い習慣は、続けやすいのですが、良い習慣を続けるためには、決意がいるのです。

私は、やりたいことをやるため、家族との生活のため、痩せるために
断酒を決意して、飲まないことを選択しました。
とにかく意志を強くして、お酒を飲まないようにしたのです。
毎日、お酒に近づかないことで、飲まない努力を続けました。

このセルフコントロールのおかげで、三ヶ月もすると
お酒を飲まなくても大丈夫になるなど、変化が現れました。
あれほど好きだったお酒が、私には必要なくなったのです。
この時の経験が、私にコツコツの素晴らしさを教えてくれたのです。
一見すると些細な努力でも、続けることで変化できると気付いた瞬間でした。
やめないで続けること=習慣の力が、人生を変えてくれるのです。

成功は、「楽だが間違った道」ではなく、「ちょっとキツいが正しい道」を選択し続けることによって生まれるのです。(ロリー・バーデン )

自分を変える1つの習慣の中でロリー・バーデンはこのように言っています。
断酒は私にとってちっと「キツいが正しい道」でしたが
この選択をすることによって、私はコツコツの力を手に入れたのです。
ロリー・バーデンは「エスカレーター」を使わずに「階段を使う」ことを
選択することで、人生を変えられると説いています。
世界中の95%の人たちはエスカレーターに乗っていいますが
残りの5%は階段を使用することで、マインドと体を鍛えているのです。
この考え方を習慣化して当たり前のことを選択するのではなく
ちょっと辛い選択をしてみましょう!

私もダイエットのために階段を使うようにしていますが
その結果、痩せたボディーを手に入れらました。
食事の改善と歩くという小さな習慣の積み重ねで、ダイエットにも成功したのです。

人のやらない嫌なことを選択し、それを始めることで
少しづつ人生が良くなるという内容の自分を変える1つの習慣は、とても良い本です。
本書で「小さな習慣の積み重ね」の成功例を読んで、習慣力を実感してください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Pac Man Brickell Metrorail Station via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る