自分を高めてくれる人に会うことを習慣にしよう!

Surround yourself with only people who are going to lift you higher. 周りには自分を高めてくれる人を置こう!(オプラ・ウィンフリー)

スクリーンショット 2015-11-05 20.03.25
オプラのこの言葉を読む度に、自分を高めてくれる人に会わなくてはと思います。
そんな時にFacebookを見るようにしています。
自分の直感を信じて、タイムラインを見ると
最近会えていない人の素晴らしい投稿が、目に飛び込んできます。
仲間の言葉や行動から刺激を受けることで、自分を変えたくなります。
気になる投稿があったら、すぐにFacebookでメッセージを送って
私は、アポを取るようにしています。

時には人の力を借りてもよいと考えれば、気分が楽になります。
何から何まで、一人の力で解決するのは、無理だと思って
人とのコミュニケーションを意識しましょう。

なにからなにまで一人でやるなんてムリ。目標達成のために人に助けを求めてもいいのよ。

前向きな人と会うことを習慣にすると
良いエネルギーを定期的に自分に注げるようになります。
これで、無駄に落ち込むことを防げます。
また、元気な人と会話をすれば、すぐに自分に不足していることがわかります。
アクティブな人はいつも行動を心がけています。
自分が変化できていないと思ったら、行動力のある人と会うことで
行動できるようにマインドをセットするのです。

自分の長所について質問してみるのもよいでしょう。
元気な人は褒め上手ですから、自分が気付いていない長所を教えてもらえるはずです
自分の新たな長所を意識することで、自分に自信を持てるようになります。
自分のことは案外わからないものですから、人に会った際に
長所を教えてもらうようにしましょう。

その際、相手の長所を褒めることも忘れないようにしましょう。
褒められることは、誰でも嬉しいはずですから
出会った人の長所を褒めることを習慣にするのです。
また、自分がアドバイスできることがあったら
どんどん、伝えていくことで、相手への恩返しができます。
自分がエネルギーをもっらたのですから、相手への貢献を必ず意識しましょう。

自分の長所がわかったら、それを大切にし、それを伸ばしていくことを考えるのです。
強みを伸ばすことで、自分を成長させれます。
同時に、自分を育てくれた両親や人生の師に感謝すれば
気持ちが落ち着き、幸せを実感できます。
今の自分に感謝できるようになると、人生に満足できるようになります。

今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ。

オプラの言うように、自分が今持っているものにフォーカスすべきです。
持っていないモノを気にしすぎると、満足は得られません。
元気な人や自分を高めてくれる人に会って
コミュニケーションをすることで、幸せな気分になれるのですから
そういう人たちに会うことを習慣化しましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

photo credit: ODI Connect: member networking event (26 March, 2014) via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る