「溜まった脂肪の分だけ、不運も溜まる。」という早川勝氏の言葉は本当か?

習慣化

本格的にスポーツを始める必要はない。あくまで「適度」な運動で充分なのだ。何事も「ほどほどに習慣化」できることが体にも心にもいいのだ。運動が、あなたの運気を動かしていくのである。たとえば、運のいい私が心掛けているのは、「階段を登る」という、いつでもどこでも簡単にできる”運動”である。どうやら、自力で一歩一歩「登る」と言う行動は、運気が「上昇する」ことにつながるようなのだ。(早川勝)

スクリーンショット 2016-02-15 8.26.57

死ぬ気で行動する人にだけ運は必ず味方する(早川勝著)を読んでいて
強運を自分に運ぶ方法について考えてみました。
私は、昨年の5月に食事と体をコントロールすることを決めたのですが
不思議なことにそれ以来、運が上がってきたのです。
 「溜まった脂肪の分だけ、不運も溜まる。」という早川勝氏の言葉が
正しいと感じられるようになったのです。

実は、溜まった身体の脂肪や心の澱の分だけ.「不運」は溜まってかいく。なぜなら、怠惰とストレスフルな生活によって溜まった「脂肪や澱」は、まさに欲望や抑圧に屈したあなたの不幸体質が引き寄せた「不運」そのものだからである。

過剰な食事と運動不足が、身体に余分な脂肪を溜め込んでいきます。
これがあなたに不運を運んでくるのです。
ジャンクな食事、食べ過ぎ、不摂生、アルコールの飲み過ぎ、運動不足など
怠惰な習慣が脂肪や澱を作り出し、身体の中の気を悪くするのです。
私は食事を徹底的にコントロールし、カロリーを減らしました。
野菜、ナッツ、フルーツ中心の食事で、身体の脂肪を減らしました。

また、1日10kmから15km歩くことを習慣化しました。
駅ではエスカーレータは使わずに階段を使うようにしたのです。
良い習慣を取り入れることで、私の身体から澱が消え
風通しが良くなり、運気が上がってきたのです。

今さら、自己管理、健康管理を改善指導されたところで、当たり前すぎてつまらないと感じるかもしれない。しかし、その「自堕落な行動」の心の底にあるのは、「自分自身を大切にしていない」という無責任さであることを知るべきだ。

自堕落な行動をやめることで、気分がすっきりできます。
身体の調子もよいため、目の前のことに集中でき
自分の生産性を高めることができ、ビジネスもうまく回り出しました。
自己管理、健康管理をバカにせずに、まずは自分の身体を大事にしましょう。

「自分を大切にしている人」には、その行動に相応しい幸運な人生が訪れるが、「自分を大切にしていない人」にもまた同じように、その行動に相応しい不運な人生が訪れれる。幸せが幸せを呼び、不幸せが不幸せを呼ぶ。幸せになりたいと思う人には天使が舞い降りるが、不幸になりたいと思う人には悪魔が微笑むのである。

自分を大切にしている人には、幸運が舞い込むと早川氏は言います。
自分を大切にすることとは
食事を改善する、運動をする、休養を取ることです。
この3つをまずは意識することが、幸せの入り口かもしれません。

また、本書では感謝の重要性も語られています。
私たちは感謝の言葉を習慣化することで、人生を変えられるのです。

幸運な人は幸運だから感謝しているのではなく、感謝の言葉をロにする人だけに運が訪れるのである。幸運を引き寄せる”肯定的な解釈”は「あ・り・が・と・う」と言える感謝の心からしか生まれない。

「ありがとう」を口癖にすること
いつでもそれを人に伝えられることが、成功のためには必要なのです。
今朝も早起きできて、アクティブに動き回れることを感謝します。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: 20130227-feb11 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント