夢に見た生き方をするためには、他の人の許可を待つことをやめなければなりません。線からはみ出して描き、するとどうなるかを見なければなりません。友人、家族、社会は概して、心に従って生きるとはどういうことなのか理解しようとしません。(ヘンリ・ユンティラ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-12-01-29

彼らには意味がわからないのです。彼らの考えを変えようとしても無駄です。一層かたくなに否定するようになるだけですから。そうではなく彼らのことは彼らに任せ、自分の喜び、直感、ワクワクに従ってください。

PDFA習慣術の徳本昌大です。
夢を叶えるプロフェッショナルのヘンリ・ユンティラ
「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道を読むと
自分の直感に従って、行動したくなります。
夢を叶えたことのない人に相談するのは、今すぐやめましょう。
例えば、起業したことのない人にいくら質問をしても
彼らからは無意味な答えが返ってくるだけです。

他の人の許可を得る前に、まずは自分の気持ちを整理して
自分が本気でやりたいと思えたなら、今すぐ行動に移すのです。
実際に線からはみ出して、成功した人に会いにいけば
適切なアドバイスをもらえるはずです。
そして、今あるものからスタートすればよいのです!

私は多くの人にお会いしますが、彼らは自分の心がなにを望んでいるかわかっているのに、そこに向かって進もうとしていません。なにかを待っているのです。それはお金かもしれないし承認かもしれません。才能や機会かもしれません。しかし本当は今あるもので始めるだけでよいのです。

私たちには行動できない理由がたくさんあります。
動けないのは、他人のせいではなく、自分がブレーキを踏んでいる場合もあります。
言い訳は、時にはエベレストのように不動のように見えるでしょう。
エベレスト登頂はひとっ飛びでできるものではないと考えてみるのです。
一度に1歩ずつ登っていけば、やがては目標を達成できます。

一度に1歩ずつ登ることで、人生に元からあった喜びと意図を見出すのです。
突然、過去の経験と知識がつながり、ひらめきが訪れる瞬間があるかもしれません。
どんな形であっても、必ず結果が伴います。
それはよい形の場合もあれば、悪い形の場合もありますが
ダメな場合でも、その時に別の行動をすれば、ゴールに近づけるはずです。
何もしなければ、夢は永遠に叶いません。

今いるところから始める私たちが待ってしまう理由の多くは、始めるために必要なものが揃っていないという思い込みです。本当は必要なものはすでに揃っています。今あるもので今いるところから始 、後はそこから自然と展開するに任せればよいのです。どうしたら始められるかに注目し、そして始めましょう。

まずは、ヘンリ・ユンティラの言葉を信じて、今いるところから始めてみましょう。
本当にやりたいことがあれば、今できることからスタートするのです。
本を買うでも、専門家の勉強会に参加するでもよいのです。
今やれることを考え、行動に移してみましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうござました。
ヘンリ・ユンティラの関連記事はこちらから
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    
     

photo credit: Flying through lights in the the sky via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る