• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PDCAサイクルのCをFに変える。PDFAサイクルにすること、心や體、魂が感じることを大切に確認していくことで、私たちの中のある自然性が活きる社会へと発展の方向を修正できるようになる。(橋本晃)

スクリーンショット 2016-06-02 16.32.53

「PDCAサイクル」から『PDFAサイクル』へというブログ記事が面白かったです!
PDCAサイクルによって、私たちは業務の改善ができます。
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことで
自分たちの問題点を見つけ出すことができます。
ミスを減らしたり、自分を成長させるためには
このフレームを活用することが大事です。

ブログを書くときにも、このPDCAは使えます。
例えば、私は読者に役立つ習慣や名言の記事を毎日3本書くと決めていますが
このPを作ることで、結果を残せるようになります。
3本という目標を思い出すことで、朝一に書く時間を作ろう、面白い本を見つけようなど
自分の意識を高めることができるのです。

もしも、その日が忙しくて、3本目の記事を書く時間がなくなりそうだとわかれば
隙間時間にiPhoneで下書きを書こうと思えるようになります。
この数字目標がなければ、怠惰な気持ちが勝って、記事を更新できなくなります。
私はこれで何度も痛い目にあっているので
1日に3本更新するという数字にこだわっています。

そして、アクセス解析を使って、PVなどブログの数値データをチェックします。
どんな記事が読まれているかを、毎日確認することで
読者が私に何を期待しているかがわかります。
ただ、数字だけではなく、共感軸も大事にしています。

冒頭のPDFAがブロガーには、必要だと考え始めています。
Googleアナリティクスの分析だけでなく
ソーシャルメディアのコメントやリアルの友人の感想を大事にすることで
良い記事を書けるようになるのです。

ブログの読者に会う時には、どの記事がよかったか?
どんな内容なら読みたいか?を質問して、相手の気持ちを感じるようにするのです。
チェックではなく、感じる(Feel)ことで、自分に足りないことを見つけられます。

読みたい記事がわかったら、記事の内容を少し変えてみるのも良いかもしれません。
アドバイスしてくれた人をイメージして、内容を改善するのです。
フィードバックへの感謝の気持ちを込めて
相手のためにブログを書くことで、より面白い内容に仕上げられます。
この繰り返しで、ブログのファンを増やせます。
ブロガーにとって、このPDFAを実践することが大事だと私は思い始めました。
このことに気づかせてくれた橋本晃氏に感謝したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

 

photo credit: Mirrored photograph via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る