コミュニケーションをよくするとは、耳を上手に使うことである!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
人を動かすには耳を働かせなさい。人に好かれるには口を動かしなさい。(斎藤茂太)
 

スクリーンショット 2016-06-11 17.25.08
いい言葉は、いい人生をつくる
斎藤茂太著
の中のこの言葉が好きです。
人を動かすためには、まず耳を使うことが大切です。
仲間の言葉をしっかりと聞き、相手に共感すると関係が一気によくなります。
素晴らしい仲間をたくさん作れると、人生が面白くなりますから
仲間の話をじっくり聞くようにしましょう。

誰かが何かについて話していると、たいていのことはおもしろそうに見えてしまう。ついつい身を乗り出して聞いてみる。自分にこれだけ興味を示されれば誰だって、その人のことが気にかかる。こうして、いろんな人と話す機会が生まれ、必然的に友だちが増えていくのだ。

話し相手に好奇心を持って、積極的に会話を楽しむようにすると
どんどん友人が増えると斎藤氏は本書でアドバイスしています。
前のめりになって相手の話を聞くぐらいが、ちょうどよいのかもしれません。
相手に興味を示し、話をじっくりと聞く!
この繰り返しによって、よい友人を増やせるようになります。

いい言葉は、いい人生をつくる [ 斎藤茂太 ]
価格:565円(税込、送料無料)  

斎藤茂太氏は、友人こそ人生の最高の宝だと言います。
しかし、友人との関係を放っておくと、だんだんと距離が生まれてしまいますから
定期的に連絡を取ることを癖にしましょう。

本当に信頼できる友だちや味方は、どんな宝物にも負けない人生の宝なのだ。だが、この宝は放りっぱなしではやがて朽ちてしまつ。ときどき電話をしたり、会う時間をつくり、話をすることも大切だ。とりとめない話であっても、顔を合わせ、肉声を聞くことにより、人間関係は温め直される。

久しぶりに友人に会うと、彼らの成長から刺激を受けられます。
面と向かって話すと、雑談の中からでもヒントをもらえ
そこから新しいビジネスが始まったりもします。
自分の耳と口を使って、真摯にコミュニケーションを取ればとるほど
面白い話が聞けるのです。

自分の悩みを語れば、友人たちからアドバイスやご縁をもらえるなど
人との交流によって、解決策が見つかったりもします。
私たちにはソーシャルメディアという武器があるのですから
会いたい人が見つかったら、遠慮せずにメッセージを送りましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
斎藤茂太氏の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: Някак си все повече ме кефи да се използва #Google+ за блогване 🙂 [link] via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

フォローボタン

カテゴリー

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る