楽に学んだことは砂に書いた文字のようなものであり、今日は憶えていても明日には忘れてしまう。本当に学べているかどうか判断するのはむずかしい。なかなかうまくいかず、目に見えて上達しないときには、成果がすぐに出る方法に引かれるものだが、そうした方法で得られるものはだいたい長持ちしない。(ピーター・ブラウン、ヘンリー・ローディガー、マーク・マクダニエル)

スクリーンショット 2016-08-07 17.00.49
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
今日は脳に効果的な学習法をご紹介します。
使える脳の鍛え方 成功する学習の科学(ピーター・ブラウン他著)
を読むことで
私は脳にとって何が正しい勉強法なのを知ることができました。
反復学習など楽に学習するより、思い出そうと努力することが効果的だと
知るだけでも本書を読む価値があります。

知識を学ぶ手段として用いられる「テキストの再読」「集中練習」などの旧式の勉強法は
きわめて非効率だとバッサリ切り捨てられています。
たとえば、試験前の一夜漬けなどは、身についた気になりますが
本当に習得して記憶を持続させるためには意味がなく、時間の無駄でしかないないのです。
確かに過去に楽して学んだ科目は、私の記憶の中にほとんど残っていません。
逆にテストして何度も苦労して学んだことは、昔のことでもしっかりと記憶しています。

本書でも事実や概念や出来事を記憶から呼び出す「想起練習」が効果があると書かれています。
教科書を読んだり講義を受けたりしたあとに、簡単なクイズをするほうが
本の再読やノートの見直しより、学習内容が身につきやすいことがわかってきました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

使える脳の鍛え方 [ ピーター・ブラウン ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)

脳は筋肉のように動かして鍛えられないが、想起練習で記憶を呼び出す練習をすれば、学習を司る神経回路が強化される。定期的な練習は、忘れることを予防し、過去に学んだことを思い起こす想起の経路を強くするだけでなく、憶えておきたい知識を手放さないためにも不可欠だ。

想起練習をくり返すことで、記憶が長持ちするだけでなく
さまざまな状況で知識をすぐに引き出し、より幅広い問題を解決できるなようになります。
授業中にテスト(想起練習)を一回おこなうだけでも
学年末試験の成績は大幅に改善されることわかっています。
記憶を呼び出す練習テスト回数を増やせば増やすほど効果は大きくなるのです。
新しいことを学ぶためには、間違えることが不可欠なのです。
リスクを恐れず、根気強く答えを見つける努力が数年後に必ず役に立つのです。

学習の間隔をあけて、少し忘れかけたころか、ほかの科目をいくつか挟んだあとにする。思い出すのがむずかしくなって効率が悪いように感じるが、その努力によって学習内容が持続し、あとで臨機応変に使えるものになる。

無理に一気に脳に詰め込むのではなく、自分に質問しながら学ぶほうが価値があります。
学習内容の持続に重きを置き、知識を多方面に活用できることを意識するのです。
今の勉強は未来のためだと思って、そのための努力を心がけましょう。
大人になればこの意味がよくわかりますが
学校でもこういう脳の鍛え方をもっと教えて欲しいですね!
様々な情報を組み合わせることで、私たちの脳は発達するのです。
他の科目との組み合わせによって、面白いアイデアが生まれるようになります。

ひとつのことを集中して学習するのをやめて、異なる教科や学習法を組み合わせることが
効果的だという著者たちの主張には共感を覚えました。
点と点をつなげることで、脳が成長することを
私は多読を続けること実感していたのがその理由です。

また、答えを教えられるまえに問題を解こうと努力することが大事だと彼らは言います。
他人から教えられる知識をおとなしく覚えるより、難しさを克服したほうがよいのです、
たとえ、その過程でまちがったとしても、そのほうがはるかに価値があrます。

本書によって、通説を信じてばかりいてはダメなことがよくわかりました。
自分や子供たちの脳を成長させるために、本書のメソッドを活用したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: 2016.05.10 School Workshop via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る