• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ナポレオン・ヒルは「思考は現実化する」と言った。だがじつは、本当の力は、「思考」の中の、「感謝」にある。もしもあなたが今、過去のことをくよくよと思い悩み、うまくいかない現実しか見えなくなっているのなら、今すぐに考えるのをやめて、代わりに感謝をしてみよう。(パム グラウト)


photo credit: MikeSpeaks Think via photopin (license)

感謝で思考は現実化するのか??

大好きなパム・グラウトの新刊感謝」で思考は現実になるがリリースされたので
早速、書評を書いてみたいと思います。
実際、こうして、思考は現実になるを読んで以来
彼女のマジックのおかげで、私はいくつもの夢を叶えてきました。
彼女の言葉のパワーは今回も健在で
本書にグイグイ引き込まれ、一気に読了しました。

パムは思考の本質が感謝であることを解き明かし
日常生活の中で「猛烈に感謝」すると言うアイデアを披露しています。

この本で言っている「感謝」は、そんな薄っぺらなものではない。これを、「猛烈な感謝」と呼んでもいいし、「見境のない感謝」と呼んでもいい。とにかく、口だけの、甘ったるい、感傷的な「感謝」とは違う。どういうことなのか説明しよう。私たちの人生には、うまくいっていることが数え切れないくらいある。しかしそれは、意識して見つけようとしないと、そして見つけたらすぐに感謝をしないと、頭の中にある意地悪な声にすべてかき消されてしまうのだ。

私はロンダ・バーンジョー・ヴィターレのおかげで
感謝のパワーに気づき、日々、感謝日記をつけています。
実際、感謝の気持ちを持って、 自分の人生をフォーカスすると
美しいものや、 すばらしいものばかりが見つかるようになります。
感謝を意識するだけで、私たちの脳は幸せになれます。
パム・グラウドは感謝のレベルを猛烈に高めることで
より幸せを味わえると指摘しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「感謝」で思考は現実になる [ パム・グラウト ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)

なぜ、猛烈な感謝が必要なのか?

パムは、感謝する対象を見つけるのは、一種の「戦い」だと言います。
感謝の気持ちを失うと、頭の中の意地悪な声に人生を占領されてしまいます。
嫌なニュースを聞いたり、トラブルが続くとネガティブな思考にとらわれ
「自分の人生は最低だ」と言うイメージを頭の中に築きます。
このネガティブな声ばかり聞いていると
本来、見つけられるはずの素晴らしいチャンスに気づけなくなるのです。

猛烈な感謝を自分の習慣にするために
「すべてに感謝する」ことが大事だとパムはアドバイスしています。
この時、不幸だと思えることにも感謝することがポイントになります。
■山になった請求書に感謝する。
■予期していなかった病気の診断に感謝する。
■酔っ払って新品の力ーペットの上に吐いた友人に感謝する などなど
嫌な体験にも感謝することを習慣にしましょう。

よく見えようが悪く見えようが、あらゆる物事に感謝するこれが私の言う「猛烈な感謝」だ。猛烈な感謝、見境のない感謝は、FP(Field Of Infinite Potentiality=可能性のフィールド)への入り口だ。感謝は、FPの中心に直接つながっている。FPのことを宇宙と呼ぶ人もいれば、神と呼ぶ人もいる。 感謝の周波数に乗れば、自分で努力しなければならないことはもうほとんどない。

「猛烈な感謝」を実践していると、人生がうまくいくことに気づけるそうです。
感謝すること。人生の「いいこと」のすべてに気づくことが
最高にすばらしい人生を実現するための入り口なのです。

嫌なことが起こっても、イライラするのではなく
感謝の気持ちを抱くだけで、自分のマインドをポジティブに変えられます。
人間の脳の特性を理解し、思考を現実に変えていくのです。
その際、欠かせないのが「猛烈な感謝」なのです。

人間の脳は、無限に広がる可能性にアクセスし、「さてこの人は、恋人とけんかするんじゃないか?とばかり考えているから、それを届けてあげよう」とか、「ずっとお金の問題がないか考えているから、ひとつ支払期限の過ぎた請求書でも届けてやるか」などと考える。つまり、人間の脳は、幻想と現実の区別がついていないから、「こうだったらいやだなあ」「こうだといいな」などの思考の中から、できるだけたくさん考えていることを選んで、現実にしようとするのだ。

今日から、間違ってもダメなことを考えないようにしましょう。
悪いことを引き寄せてしまうのですから!!
「神経科学ジャーナル」誌によると、機嫌が悪い状態の人は
脳の視覚野と呼ばれる部位(見ることを司る部位)、情報を正しく処理できなくなるそうです。
逆に機嫌がいい人は、機嫌が悪い人に比べ
探し物が見つかる確率が50パーセントも高くなります。
この実験結果を信じるなら、いつでも自分の状態を朗らかにすべきです。
その際、必要なのが猛烈な感謝の気持ちなのです。

まとめ

不機嫌な態度で暮らしていると、良いことは起こらなくなります。
自ら情報を遮断することで、チャンスを遠ざけてしまうのです。
腹を立てたり、不幸なことを考えるのを今すぐやめて
感謝を習慣にして、フォーカスするものを変えましょう。
私も今まで以上に感謝の気持ちを強くして
猛烈な感謝を意識していこうと決めました!
「今ここ」に猛烈に感謝することで、人生をエンジョイできるようになるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
パム・グラウトの関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る