• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ほんの少しのもので、賢者は幸せになる。(ラ・ロシュフーコー)

スクリーンショット 2015-12-04 9.43.01
9年前まで私はアルコール依存症だったのですが
当時は、絶えず、次に頼むビールが気になっていました。
情けないことに、もっとお酒が飲みたいという欲求に、頭が占領されていたのです。
今考えると、アルコールに汚染されたとてもつまらない人生を送っていました。

私は別のことに頭を使うために、9年前に断酒を決め、人生を変えることにしました。
お酒を断捨離することで、私の脳は軽くなり
新たなことにチャレンジする時間を取り戻したのです。
そして、良い習慣によって人生が変わることを見つけました。

しかし、私は1年ぐらい前から、不規則な食生活によって、太り始めました。
悪い食事の習慣が、私を太らせていたのです。
このままでは体調が悪くなると考え、半年前からダイエットをスタートしました。
一番大切な資本が自分の体なのですから、それを徹底的にメンテナンスすることにしたのです。
今年の5月から1日一食のファスティングを三ヶ月続け
野菜中心のグルテンフリーな食生活を取り入れることで
私は13Kgのダイエットに成功しました。

このダイエットを通じて、私は自分を変えることができました。
食事のコントロールによって、体重を落としただけでなく
短期間で結果を残すことで、自分に自信を持てるようになったのでです。
ダイエットの達成感と良い食事を習慣化することで
私のメンタルは間違いなく強化されました。

そして何より一番の変化は「足るを知った」ことです。
1日1回の食事が、私に満足感を与えてくれたのです。
現在自分が食べているものに感謝することで、余計な食べ物を求めなくなったのです。
質の高いヘルシーな食材を食べることで
気持ちも落ち着き、リラックスできるようにもなりました。

体に良いものを選ぶことで、加工食品を基本摂らなくすることで
体調がよくなり、イライラしなくなったのです。
野菜中心の軽い食事で脳が満足できるようになり
自分の欲求をコントロールできるようにもなりました。
食事を制限することによって、体に悪いものを食べなくなり
自分を大切にする意識が日々高まってきました。
ダイエットによって、体と心のバランスを取ることで
1日を幸せな気持ちで過ごせるようになったのです。

食べることに執着しなくなり、自分の時間に集中できるようにもなりました。
基本昼食を食べなくなったので、食後の眠気もなくなり、生産性がアップしたのです。

現在もっているものに満足しない者は、もちたいと思っているものを手に入れたとしても、同様に満足しないであろう。(アウエルバッハ) 

ダイエットを通じて、足るを知ることで、私はメンタルを強化できました。
体だけでなく、メンタルが強くなることで、私は自信を持てるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: My Workout Progress via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る