商売を成功させるコツは、自分を疲弊させずにお客様との関係を長続きさせること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何か商売するときに、これは人のためにもなる、自分のためにもなる、そして、社会のためにもなるというものは、絶対、成功します。仕事のコツって、たった、それだけです。なぜかと言うと、人のためにしかならないと、自分が細ってきてお手上げ、長続きしないのです。そうではなくて、自分のためにもなって、人のためにもなるのならお互い長く続きます。(斎藤一人)

スクリーンショット 2016-06-07 9.36.51
最近、私の中で斎藤一人氏がブームになっています。
以前、読んだ斎藤氏の紙の書籍をKindleで購入し、再読しています。
前に読んだ時には気づかなかったことや、忘れてしまっている言葉から、多くの刺激を受けています。
特に今回は、自分が起業したからかもしれませんが、斎藤氏の商売に関する言葉に反応しています。

冒頭の言葉は、微差力から引用していますが
商売を長続きさせるための法則が、この数行の中にわかりやすくまとまっています。
世のため、人のためとかっこをつけていると商売は失敗してしまいます。
自分のためになることも考えておかないと
やがては疲弊して、商売がうまくいかなくなってしまうのです。
世のためになることを考えながら、自分を細らせないための仕組みを
あらかじめ考えておくことがビジネスを成功させる秘訣なのです。

微差力 [ 斎藤一人 ]
価格:586円(税込、送料無料) 

仕事とは儲け続けることなんです。そして、商品は、生き物みたいなもの。交替しながら、次々、出ていかなきゃいけない。しかも、出す以上は、世の中の役に立つものでなければならない。そうすると、また次につながるのです 。何の仕事でもそうですよ、儲け続けなきゃいけない。もう一個、言うと 、儲け続けている商売が、世の中の役に立っているんです。

また、斎藤氏の仕事に関するアドバイスも参考になります。
商売は生き物で、絶えず1歩先を見据えて、お客様を喜ばせないといけません。
世の中に役立つものを、絶えず提供しないとあきられてしまうのです。
いつもと同じことだけやっていては、やがては売り上げは下がります。
お客様が望んでいることをほんのすこしだけ早く提案できれば
いつでも流行っている店をつくれそうです。

10年先などのトレンドを追いかけ、あまりに先を行き過ぎるとお客さんからは評価されません。
お客さんの笑顔をイメージしながら、一歩先をいつでも考えることが
商売繁盛の秘訣かもしれないと改めて本書から気づけました。
自分の価値を見出し、それで世の中に貢献することが商売の基本です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
斎藤一人氏の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     
     

photo credit: A deli shop in Rome via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る