タイムマネージメントは、成功の鍵を握る大切な要素の一つ。

毎日、課題をリストアップする習慣を身につけよう。それを前日の晩か当日の朝一番に書き上げ、それぞれの行動に優先順位をつけるといい。最優先課題から始めて、それを最後までやり遂げ、そのあとで次の課題に取りかかる。リストにあるすべての課題を終えることができなくても、心配する必要はない。少なくとも、最も重要ないくつかのことはやり遂げることができたはずだ。(アレクサンダー・ロックハート)

スクリーンショット 2016-07-28 12.40.33
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
アレクサンダー・ロックハート自分を磨く方法についての書評を続けます。
今日はタイムマネージメントについてです。
私たちには、人生の大きな目標があるはずです。
それを実現するためには、日々の時間管理がとても大切です。
言い換えれば、成功のためには時間をうまく使うことが肝心なのです。

しかし、私たちは忙しさに流され、大事な目標を忘れてしまいがちです。
新しいタスクが次々生まれ、本当にしたいことのために
十分な時間をとれないことが多いのです。
これを避けるためには、タスクのリスト化と優先付けが欠かせません。
自分がやる必要のないことを見つけ、時間を無駄にしないようにするのです。

タスクリストを作成することで、私たちは時間の浪費を防げます。
タスクを毎日書き出し、優先順位を決めることで、日々の行動をコントロールできます。
アレクサンダー・ロックハートが言うように、これで先延ばしを防げます。

このリストは重要な課題に意識を集中し、重要でないことに時間を浪費しない効果がある。時間をうまく管理するためのもうひとつの方法は、あなたの時間を浪費させる人を避けることだ。あなたが目標を達成するうえで、そういう人は妨げになる。また、一日の途中で立ち止まって、「自分は今、目標に近づくための行動をしているだろうか?」と自問することも大切だ。先のばしをする癖があるなら、すぐに直す必要がある。「そのうちしよう」と考える傾向があるなら要注意だ。

昨日のブログにも書きましたが、コボリジュンコさんの逆算手帳のお手伝いを始めました。
この手帳を使えば、自分のビジョンが見つかり、そのためのタスクの洗い出しができます。
ガントチャートで進捗管理もできますから、夢が叶う可能性が高まるはずです。
私の100の夢リストのメソッドと組み合わせれば、最強だとコボリさんと二人で盛り上がっています。

明日の成功は、今日の計画の結果である。計画をしそこなうのは、しそこなう計画をするようなものだ。時問を増やすことはできないが、時間の価値を増やすことならできる。うまく時間を管理する成功習慣を身につけよう。

時間をしっかりとコントロールするためにも
ビジョンと日々の目標をリストにしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
アレクサンダー・ロックハートの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     

    

photo credit: to do list – office – desk – computer – human resources via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ クリエイティビティ ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました